タグ:tying ( 28 ) タグの人気記事

カープフィッシング ノ ススメ(フライパターン編その1)

前回、思わぬ理由で話題が変更になってしまった「カープフィッシング ノ ススメ」、第3回目の今回こそはフライパターン編その1としてパンフライについてご紹介したいと思います。

チャムするパンを擬似するフライなわけですから、当然のことながら全体的に白っぽい・ふんわり感をイメージすることが重要です。
そこでさまざまなパンフライパターンが世に出回っている中で、私はタイイングおよびマテリアル入手の手軽さからヤーンとスポンジの2種類を使い分けています。

d0112258_21251916.jpgさてスポンジについてですが、さらにセルローズ(写真右)とのポリエチレン(写真中央)の2種類を使い分けております。
セルローズスポンジはいわゆる”リアルイミテーション”フライとして「ここぞっ!」というときに活躍してくれますが、吸水率が高いことからキャスティングに支障をきたすことがありますので、遠投にはむきません。
反面、ポリスポンジはセルローズに比べて多少は水切れがよいのである程度の遠投は可能ですが、何度も流すといいかげん見切られます(笑)。
パンを擬似する質感を考慮するとなるべく大きな気泡のあるスポンジを購入したほうがよいでしょう。
いずれも某均一ショップで購入できます。

ヤーン(写真左)は、エッグ(もしくはグローバル)ヤーンを使っていますが、これはフライマテリアルとして市販されているのでいまさら私が多くを語る必要はありませんね(笑)。

またこれまでにも紹介してきたとおり私自身、基本的にドライの釣りが好きなものですから、当然のことながらパンフライも”ドライ!?”にこだわります。
先にも述べたとおり、パンフライのマテリアルは吸水性が高いのでそれなりの浮力を持たせたフローター(兼インディゲーター)が必要になります。
残念なことに市販されているフォーム材では水を吸ったパンフライを支えるだけの浮力がなく柔らかすぎるのでパンフライにはむきません。
そこで私の場合はクッション材を抜き取り自作しております。

マテリアルの紹介はこんなところで、フックの話題になりますが、「カープフィッシング ノ ススメ」第1回目でも紹介したとおり、コイはかなりのパワーの持ち主なのでフックが伸ばされるのはしばしばありますので、ニンフ用ヘビーワイヤフックの使用をお勧めします。

d0112258_21322090.jpg
そんなことで長々と述べてまいりましたがお分かりいただけましたでしょうか?
次回はフライパターン編その2としまして、「インセクトパターン」についてご紹介します!
変更になる可能性もございますが・・・(笑)。
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-12-05 21:31 | 私的ホニャララ論

お気に入りフライ-グリフィスナット(withインディゲーター)

お気に入りのフライ紹介も第5回目となる今回は、「グリフィスナット(withインディゲーター)」の紹介です。
言わずと知れたこのパターン、一般的にはミッジアダルトパターンとして使われていますが、私の場合、非常に目が悪いためエアロドライウィングもしくはアユ用目印をインディゲーターとして取り付けて視認性を高めています。

d0112258_21162112.jpg

当然のことながら、明らかにミッジを捕食していると思われるライズフィッシング等に使用するわけですが、そのほかにミッジサイズの不特定多数の何かをイメージするバリアントパターンとしても有効です。
それは先日の小菅釣行でも顕著に出ました。
ようやくキャッチできたニジのストマックのほとんどは#28前後のミッジでしたが、このグリフィスナットを結んだ時の反応は格別なものでした。
おそらくクラスターとしてフライを咥えてくれたものとは思いつつも、釣れてくれた原因!?は定かではなく、このフライの持つ魔力が功を奏したかもしれません。
時にはインディゲーターはもちろん、ハックルをカットするなどすることで絶大な威力を発揮する信頼できるパターンとして、私のフライボックスからは欠かせない存在となっています。

さあ、いよいよ明日はファグススクールです。
どうやら台風20号による影響もさほどなさそうなのでとても楽しみです。
果たしてこのグリフィスナットの出番はあるのでしょうか!?

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-27 21:24 | FLYTYING

お気に入りフライ-ブラッシー

約5ヶ月ぶりのフライパターン紹介です。
釣りばっかり行ってて、すっかり忘れておりました(笑)。

d0112258_15535562.jpg
そんなことで第4回目となる今回は、「ブラッシー」の紹介です。
言わずと知れたこのパターン、一般的にはミッジピューパとして使われるようですが、私にとっては不特定多数の「ナニか」をイメージするバリアントパターンとして重宝しており、特にサイトフィッシングにおいては欠かすことの出来ないフライパターンの一つです。

先日の小菅忍野などでビッグワンを見事フッキングさせたのは、ナニを隠そうこのパターンなのです。
当然のことながら水深があるポイントでしたので、フライは目視できず、渓魚の動きにあわせる”かたち”にはなる訳ですが・・・。

それと、ご存知の通り?釣りばかりに行ってタイイングにかける時間が希少な私にとって、量産できることも魅力の一つです。
リビングするワイヤーの量やマテリアルを変え、捕食ステージやハッチ状況を想像しながらタイイングするのも面白いものです。


ま、もっとも妄想ばかり膨らませて全く釣果に結びつかないのが私の釣りパターンでもあるわけですが・・・(苦笑)。

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-15 15:55 | FLYTYING

お気に入りフライ-CDCパフ・サーフェイスイマージャー

お気に入りフライパターン第3回目は、CDCパフ・サーフェイスイマージャーを紹介します。
前回に引き続き、またまたイマージャーパターンの紹介になってしまいましたが、まぁそれほどイマージャーパターンの威力がすごいってことの現れでしょうか?
ウィングはラビッドファーやハックルウェッブが使われるのが一般的かと思われますが、私の場合はタイイングの簡易さからCDCパフをデバイトウィングとして取り付けています。

d0112258_2381667.jpg


①フライ全体にフロータントを施し、スペントパターンとして。
 この場合テイルはハックルファイバー等のほうが好ましいですが・・・。
②インディゲーター部のみにフロータントを施して、名前の通りサーフェイスイマージャーとして。
③インディゲーター部をカットし強制的に水面(直)下に投入することでDDまたはダイビングスピナーとして。

使用用途としては以上の通りマルチに使えるパターンです。
ちなみに数年前にこのパターンを「フライの雑誌」に紹介していただきました。

特にコカゲのハッチに伴うライズフィッシングには信頼できるパターンとして、結構威力を発揮しますので、是非!皆さんもお試しアレ!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-05-09 23:08 | FLYTYING

お気に入りフライ-クリップルダン(釣り上がり用)

お気に入りフライパターン第2回目の今回は、クリップルダン(釣り上がり用)を紹介します。

d0112258_21562974.jpg通常、クリップルダンと言えば、「ラストチャンスクリップル」が有名なパターンではありますが、
基本的に釣り上りが好きな私にとって、あのCDCウィングの視認性、浮力の持続性に不満が残りました。
そこでウィングをエアロドライウィングに替えたのがコレ。
シビヤなライズ、フラットなプールで使うのはチト厳しいですが、釣り上がりで白泡脇の流れをゆっくりとトレースすると、半沈み効果で反応はバッチリです!
渓魚を釣った後も、ウィング部にリキッドタイプのフロータントを施すことである程度の浮力を回復するので、イブニングライズ時のフライ交換時間も短縮できるので重宝します。


実はこのフライ、先日尺上2本を見事!?バラシたてくれました。
それがトラウトになってしまったようで、今回UPするための写真撮影中に手が震えたり目が回ったり、思ったように作業がはかどらなかったりと、かなりの重症です。
「いっそのこと、このフライパターンは封印しよう!」なんて考え出したところ、単なる酒の飲みすぎで出た症状であることに気が付き、少し安心しました。
で、つい先ほど「トラウト」ではなく「トラウマ」の間違いであったことも気付いたことは言うまでもありません。

d0112258_21565137.jpg


ま、そんなネタはさておき・・・(笑)、今日の昼は蒲田近くのキャベツラーメンで鋭気を養ったので、今週末のK川リベンジに向けての意気込みはバッチリです!


待ってろよ、K川尺上ヤマメ!

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-04-18 22:13 | FLYTYING

マルタFLY

ここのところ釣行記ばかり続いていましたのでチョット息抜き、フライパターンを紹介します。
とは言いつつも、サンデーフライフィッシャーの僕にとって平日のBLOG更新はチトしんどいです。(笑)
そんなことで、ネタつなぎ!?としてお気に入りのフライパターンを紹介していきたいと思います。

記念すべき第1回は、今シーズン真っ盛り「マルタ用フライ」を紹介します。
マルタ用フライは数々あれど、ふと何気なく買った日用品をマテリアルに使用したところ大当たり!
コレまでスレ掛かりが多かったマルタ釣りでしたが、このパターンの使用でバイトによるフッキング率が大幅にUPしました。

で、マテリアルはコレ。某ショップで格安にて購入しました。
d0112258_21402495.jpg


フックをバイスにセットし、ウェイトを巻き込みベンド部にマテリアルの毛糸を巻きとめます。
ビーズはあってもなくても構いません。気分次第でお好みでどうぞ。
d0112258_21403544.jpg


ケバケバがベンド側に向くように毛糸をシャンクに巻いていきます。
d0112258_21404790.jpg


ウィップフィニッシュしたら、余分をカットしフライっぽく形成して出来上がり。
d0112258_2140579.jpg


実はコレ、マルタのみではなく下の写真のようなモンスターにも威力を発揮することうけあいなし!
だと思うんですが・・・。
ちなみにこのモンスター、優に70はあります。2006忍野テニスコート裏にて。
d0112258_21411199.jpg
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-03-31 21:44 | FLYTYING

「ヤツ」が来た!

先日、釣友「多摩川キャッツアイ」のHikkuさんより耳寄り情報をいただきました。
とうとう「ヤツ」が現れたのだ!

d0112258_1740162.jpg「ヤツ」・・・それは渓流解禁のこの時期に現れる淡水の王者。
今年は暖冬のせいか、例年より2週間くらい早い出現でしょうか?
私も『早く「ヤツ」に逢いたい!』と、期待で胸が膨らみます。



d0112258_17404978.jpgそんなことで今日は家の用事を早めに済ませ、「ヤツ」狙いのFlyをいくつかこしらえてみました。

今日はこれから明日の朝まで仕事です。
明日、眠さをコラえて「ヤツ」がいる場所へ出陣です!
結果はまた明日、こうご期待!

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-03-10 17:44 | FLYTYING

パンフライTyingとCarpFishing

d0112258_214259.jpg

d0112258_2141391.jpgd0112258_2142330.jpg


多摩川調布用水路下流。
パンフライtyingはしたものの・・・。



「ボ」
♪ル~ル~ル~ルルル~

[PR]
by TAKA-Qizm | 2007-01-14 00:00 | カープフィッシング