タグ:赤城FF ( 34 ) タグの人気記事

リハビリ釣行2

d0112258_9582767.jpg


昨日はお江戸の釣友さんからお誘い!?いただき、またまた赤城FFへ行ってまいりました。



誰かさんの日ごろの行いのお蔭か!?3月下旬並みの晴天にも恵まれ、何だか爆釣の予感です♪



そして・・・



d0112258_9584582.jpgd0112258_95917.jpg
d0112258_9593636.jpg

やっぱ鱒釣りはた~のすぃ~ですのぉ~!!


なかなか渋い釣りを強いられてしまいまスたが、グッドコンディションの鱒達に出会うことができました~。

そんなことで!?おぢさんはじめご一緒くださった皆さん、昨日はお世話になりました。
またどこぞの渓でご一緒いたしましょー!

ちなみに・・・

続き・・・読む?
[PR]
by TAKA-Qizm | 2011-02-06 22:12 | 2011釣行記

リハビリ釣行

d0112258_21365536.jpg


昨日はお江戸のお二方にお誘いいただき赤城FFへ行ってまいりましたっ!


晴天に恵まれながらも凍てつく寒さの中・・・

続き・・・読む?
[PR]
by TAKA-Qizm | 2011-01-30 22:20 | 2011釣行記

晩秋の。。。

d0112258_21473119.jpg

昨日はまたまた晩秋のAFFへ行ってまいりました!
前回爆釣ぶりを発揮した家内、果たして今回釣果はいかにっ!?


と、その前に前回エントリーのジモト名物大誤算の行方ですが、なんてことはない消費期限が当日であったため、赤城で振舞うことが出来なかったのです。
そんな訳で!?購入した十数個に及ぶシュークリームはやむなく誰かさんの胃の中に納まったのでした(ぷ)。


で、釣りのほうは?と言うと・・・

続き・・・読む?
[PR]
by TAKA-Qizm | 2010-11-29 22:56 | 2010釣行記

雨上がりのAFF

昨日は久しぶりのAFFに行ってまいりました。
d0112258_2225424.jpgd0112258_22264882.jpg
d0112258_22304939.jpg

天候が気になるところでしたが、家内の!?日ごろの行いあってか穏やかな秋晴れに恵まれました。

ただ若干渓魚達の活性は低いようで、10名ほどいた釣り人達の竿はなかなか曲がりません。

そんな中家内の竿はひっきりなしに曲がり続ける見事なまでの快釣ぶり。

その勢いから察するに「今日の竿頭は家内で決まりっ!!」


・・・のハズでした、あのお方が来るまでは。
d0112258_22274047.jpgd0112258_22332714.jpg

d0112258_23124848.jpg

午後からの実釣にもかかわらずあれよあれよと竿を曲げ、あっという間に家内の釣果なんぞごぼう抜き、その凄さをまざまざと見せ付けられてしまいました。


まぁあのお方に勝負を挑もうとすることがそもそものオオマチガイですな(ぷ)。


サクラマスも小ぶりながらグッドコンディションで、ライズフィッシングを存分に楽しむことが出来ました。


そんなことでご一緒くださいましたお二方、赤城のおぢさん、昨日は家内共々お世話になりました~。

また機会を見て出撃しま~す!


そんなことで!?また来週っ♪

ボツ写真はコチラ
d0112258_231673.jpgd0112258_23163045.jpg
[PR]
by TAKA-Qizm | 2010-11-24 23:59 | 2010釣行記

シーズン到来!?

d0112258_2375047.jpg
早いもので禁漁から早1ヶ月が経とうとしております。


風の便りによると、何でも今年はかのフィールドではいいヤマメが沢山釣れるとなっ!


そんな噂を聞いては黙っていられるはずがありません!!


そんな訳で!?今日は先日の夜勤の代休で赤城FFへ行って参りました。
d0112258_920726.jpgd0112258_23122165.jpg
噂の通りかのフィールドではヤマメ達が上ずり、しきりにライズを繰り返しています。
となればトーゼンの如く良型に的を絞りライズを狙うわけですが・・・。
タイミングが合えばこんな鼻曲がりの良型が遊んでくれるのですから、ヤマメ好きにはたまりませんっ!
d0112258_23183216.jpgd0112258_23314347.jpg
ただ、午後からはロッド折損や膝の上を占領され下半身の自由を奪われるといったハプニングに見舞われ釣果も伸び悩む一面もありましたが、サスガは秘めたるポテンシャルを持ち合わせたこのフィールド、夕刻にはまたまた釣果も回復し一日通してドライオンリーのヤマメ狙いで存分に楽しむことが出来ましたっ♪

これから繰り広げられる当ミッジングフィールド、ぜひ皆さんも出かけてみてはいかがですか?
そんなことで!?また来週っ♪

SSスクールはコチラ
SSSスクールはコチラ
[PR]
by TAKA-Qizm | 2010-10-27 23:52 | 2010釣行記

DANCE!

           10.02.12赤城FFにて。。。                            SSスクールのお申し込みはコチラ
[PR]
by TAKA-QIZM | 2010-02-16 21:58 | 話題

続!!「男の鉄鍋会」

d0112258_2124649.jpg
<お詫び>
先日エントリーした『 「男の鉄鍋会」参戦!!』 ですが、more機能が非表示となっていたため誤解を招く記事となってしまいました。
昨晩more機能を表示設定いたしましたので、ソチラも併せてご覧下さいませ。
関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしたことを、この場を借りてお詫び申し上げます。





さて、鉄鍋会の続きでありますが、先日述べたとおりあまりの料理の美味しさに、写真を撮り忘れる始末。
そんなことで美味しい料理の数々は、コチラソチラアチラドチラ!?をご覧下さいませ(ぷ)。


ど~でしたか?おいしそうな料理の数々。
こんな料理提供してくださった赤城のおじさんをはじめシェフの方々に感謝・感謝です。
d0112258_22153167.jpg

そして腹ごしらえの後は、いよいよ釣り開始です(ぷ)。

当日は寒さの中にもライズが見られ、数時間の実釣ではありましたがドライフライでのライズフィッシングを満喫することができました。


釣りを楽しんだ後はまたまた腹ごしらえ。
夕食にはこってりコテコテのとんこつラーメン(ちなみに家内は大盛りつけめん・汗)とジェラードのフルコースで、この日の飽食にトドメを刺すのでありまスた(汗)。



さらに一夜が明けて・・・。

ご覧の通り、辺り一面には銀世界が広がりました。

そんな状況においてもココ赤城FFではいたるところでライズリングが広がり、我々FFマンの釣欲を刺激してくれます。
d0112258_2228569.jpgd0112258_2228312.jpg
d0112258_22304994.jpg


しかしライズリングは広がるものの、なかなかどうしてワタクシの投じるフライには知らんぷり。


それでもライズの周期とクルーズのコース、ティペットの配置等の条件が運良くクリアされると、狙ったライズは投じたフライを素直に消し込んでくれました。


決してボクのウデでは沢山釣れたり、大きいのが釣れたりすることはなかなかないのでしょうが、このオフシーズンに1日通しでドライフライで楽しめるこのフィールドの偉大さにも感謝・感謝です。

渓流解禁までの残り3週間弱、もう一度くらいは来れますかなぁ~?



そして極めつけは・・・

こんなんでました~
[PR]
by TAKA-QIZM | 2010-02-13 23:32 | 2010釣行記

「男の鉄鍋会」参戦!!

d0112258_222984.jpg
今日は家内と赤城FFで開催された「男の鉄鍋会」に参加してまいりました。


あいにくの空模様ではありましたが腕自慢の方々が赤城の山に集結し、寒さを吹き飛ばす勢いで鉄鍋料理を振る舞ってくださいました。


その美味しさたるや、食べるのに夢中で写真を撮り忘れるほどのもの(汗)。


ところで、今日は「男の鉄鍋会」。
そんな中、唯一の女性参加者となったワタシの家内。


ひょっとして家内を参加させたことは今回のテーマ「男の…」から大きく逸脱し「参加の資格がなかったのでは?」 と一抹の不安がよぎりました。

More
[PR]
by taka-qizm | 2010-02-11 22:25 | 2010釣行記

夜の撮影会

d0112258_21182468.jpg
昨日は夜の撮影会開催のお誘いを受け、赤城FFへ行って参りました。
風もさほどなくポカポカ陽気に恵まれて、いくつものライズが見られます。

まずはウデならし!?で、岸際をクルーズするヤマメ狙いのライズフィッシングに挑みますが・・・。

こんなんでました~
[PR]
by TAKA-Qizm | 2010-01-31 23:10 | 2010釣行記

あわや。。。

d0112258_8122549.jpg


昨日は今年2回目となる赤城FFに行ってまいりました。



この日は見事なまでの冬晴れに恵まれたモノの、風の様子は穏やかではなく終始水面は波立った状態です。



更にはここ数日で急激に水温が下がった模様で、渓魚の活性はいたってスロー。



ユスリカのハッチも目立ったものではなく、状況としてはあまり芳しくなさそうです。
d0112258_829280.jpg


が、風が止んだわずかな間に時折ライズが見られます。


まぁ沖目のライズは届かないからお隣にいた高番手の方に任せる!?ことにして(ぷ)、あえて?岸よりのスレスレライズにターゲットを絞り込みました。



ライズの周期・風のタイミング・ティペットの配置等々、いくつかの条件がクリアされたときにようやくライズの主の反応を得られることが出来るのですが・・・。



しかしまぁ、合わせ切れやらスッポ抜けやらをやらかして、見事なまでに遊ばれてしまいましたよ(涙)。
d0112258_847269.jpg

そんなこんなを繰り返していたところ、あっという間に夕刻を迎えてしまいました。


辛くもサイトのニンフィングでヤマメをキャッチすることは出来ましたが、コイツを獲り逃していたらあわや大惨事、想像するだけでも背筋が凍る思いでスた(ぷ)。



「風がなければ・・・」と自分の未熟さを棚に上げ、ちっとも反省しないこのワタクシ、こんなチョーシぢゃぁ先が思いやられますなぁ~。
自分で言うのもなんですけどっ♪
d0112258_8574385.jpg


結局ドライでのキャッチはなかったけど、そこそこ反応があり楽しめたのでヨシとします!


やっぱりこーゆー時こそポジティブシンキングでなければいけませんなっ!
平たくゆーと「都合の良い解釈」とも言いますが・・・(ぷ)。


まぁいぜれにせよ、近々リベンジに行かないといけないことは紛れもない事実ではあるようですな。




そんなことで!?ご一緒くださった皆様、お世話になりました~。
[PR]
by TAKA-Qizm | 2010-01-11 09:30 | 2010釣行記