さらば!マメ太郎君。

d0112258_22152291.jpg今日はマメ太郎君とのお別れの日。
約1年の間、我が家の一員として一緒に過ごしてきましたが、成長に伴い門出の日を迎えてしまいました。
夜明けと共に、マメ太郎君と出会った渓に到着し、そっと流れに放ちます。
「マメ太郎君、元気でな!大きく育つんだぞ!」


d0112258_22155822.jpg悲しい別れではありましたが、気を取り直して釣りを始めたところ、開始早々反応は良好です。
ただ、アベレージ6寸5分とサイズがチト淋しいですが、8寸を頭に午前中で7つのヤマメと出会うことが出来ました。


d0112258_22162496.jpg途中、岳さんと連絡を取り更なる大物を目指して、思い切って水系を変える事にします。
移動した先ではサクラが満開で心が和みます。
サクラ同様、釣果も満開になることを望みますが・・・。


d0112258_22163911.jpg岳さんと合流しライズに挑みますが、このライズの主は思った以上に曲者です。
バイトは数回はあるものの、フッキングまで至りませんでした。
ポイントを変え瀬を叩きますが、反応はイマイチです。
結局イブも空振って、移動した先の渓では「ボ」と相成ってしまいました。
また近いうちにリベンジに望みたいと思います!



d0112258_2216555.jpg


<追伸>
大物との出会いはありませんでしたが、偉大なるフライフィッシャーとの出会いはありました。




[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-08 22:22 | 2007釣行記

だいぶ。。。らしくなってきました。そして別れ・・・。

d0112258_1851526.jpg昨年末、卵の時期からから飼育してきたイワナ君達、今年の正月にふ化して3ヶ月が経ちました。
多少ばらつきはあるものの体長およそ3cm、個体によってはパーマークもでてきて、だいぶイワナらしくなってきました。
与えるエサにライズするほどの元気っぷりなものですから、ピントが合わず写真を撮るのも一苦労です。
状況を見ながらにはなりますが、今シーズン中には帰るべく渓へ放つ予定です。
それまで我が子のように成長を見届けたいと思う今日このごろです。


d0112258_1852695.jpgそれはさておき、昨年から我が家に凄んでいるヤマメのマメ太郎君、だいぶ成長したため我が家の水槽が少し窮屈になってまいりました。
これ以上ストレスを与えるわけにはいかないので、チョット淋しい気もしますが元の渓に放つことにしました。

そしていよいよ明日、マメ太郎君の旅立ちの日を迎えます!



つづく・・・


[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-07 18:14 | AQUAROOM

サクラ散る

d0112258_2145167.jpgココ数日、雨続きです。
そんな気候のせいか、満開だった目黒川沿いのサクラも散り始めてきてしまいました。
特に昨日は”ひょう”が降ったり雪が降ったりと、寒さが再び舞い戻ってきた感があります。
現場持ちの私にとって、この寒さが身に染みます。
夕べの夜勤の寒かったこと!途中、思わずくじけそうになりましたが、「明ければ釣りが待っている」と、自分を奮い立たせるのでありました。


d0112258_215418.jpgそんなことで今日は夜勤明けの午後休、帰宅するや否や多摩川へ向かいます。
所々ポイントを見て回りますが、この寒さのせいかどうやらマルタの遡上はなさそうです。
ここは手っ取り早くコイ釣りに切り替えようとしたその時!黄金に光る魚影を発見しました。
反応をうかがうためにパンをチャミングしたところ素直に喰ってくれたので、すかさずパンフライをプレゼント。
見事!?ファーストキャストでフッキングし、50cm程度ではありましたが、初めてのゴールデンカープをキャッチすることが出来ました。


d0112258_2152178.jpgその後、多摩川キャッツアイのHikkuさんと合流しますが、寒さゆえ?マルタもコイも反応はよくありません。
まっ、今日は初のゴールデンカープもキャッチすることが出来たので、のんびり夕日をバックにキャス練なんぞしてみました。
まぁ釣れなかったのは「スローフィッシング」が言い訳ということで、ご容赦くださいませ~。

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-05 21:17 | カープフィッシング

デジタルカメラについて

ここのところ、デジタルカメラの購入について検討しております。
ここ最近防水カメラの普及が目立っているところで、当然フライフィッシャーの僕にとってうれしい悲鳴ではあるわけですが、各メーカーの仕様によって機種選択を躊躇しております。

使用用途に関して述べますと、防水機能はもちろんのこと、やはり接写の問題が一番にあがってきます。
その点ではペンタックスのWシリーズは、マクロmodeで1cmまで寄れ、ストマックやフライの撮影にはもってこいです。
ただ使用するフィールドが屋外ということもあり、オリンパスμシリーズの耐衝撃性も捨てがたい所であります。

d0112258_22523895.jpgで、現在使っているのがコレ。
ペンタックスの4つほど型落ちとなる「オプティオ43WR」です。
これまで3年ほど使用しており、当ブログの写真のほとんどはこのカメラで撮影しております。
ISO400とチト感度が乏しいですが、水中撮影もバッチリで現役バリバリの代物です。


d0112258_2253095.jpgちなみに多摩川のコイ釣りや、先日の今市釣行での「by TAKA-Qizm」クレジットの入った写真は、全て携帯電話で撮影しております。
コレも完全防水で、水中撮影もヘッチャラです。


d0112258_22533770.jpgそれを考えると、何だかんだ言って今使ってる機種で十分事が足りてますから、買い換える必要も無い気がしてきたりして・・・。
なんか、取り留めの無い記事となってしまいましたが、どなたか良いアドバイスをお待ちしておりま~す!
2005.10.02世附川(旧C&Rエリア)にて

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-03 22:56 | 話題

K川絶好調!?

d0112258_2257841.jpg今日は先日惨敗したK川リベンジへ行ってきました。
サクラの花もほころび始め、すっかり春らしくなってまいりました。
今日は気温20℃と昨日とはうって変わってポカポカ陽気、爆釣の予感がします。


d0112258_22572371.jpgそんな予感がズバリ!的中、渓に着くなりライズバシバシです。
早速狙うとイージーにキャッチを繰り返します。
あまりにも釣れすぎてしまうので、ポイントを移動し今度は瀬を叩くことにします。


d0112258_22573833.jpgするとどうでしょう!叩こうとする瀬のポイントでライズして僕のフライを待っていてくれるではありませんか!
もうワンキャスト・ワンフィッシュ状態、フライローテーションが追いつきません。


d0112258_22575427.jpgも~釣れすぎちゃって、数を忘れてしまいました。
あまりにも釣れすぎるものですから、ストマックは1尾のみしかサンプリングできませんでした。
ちなみにこんなん出ました!























・・・・・え~、今日は4月1日でございまして、世間一般でいうところのエイプリルフールでございます。
今までお付き合いいただきまして、まことにありがとうございました。
ホントは、強風で悩まされ、まとまったハッチが無いためライズもからきし、辛くも3本キャッチできましたが厳しい釣りを強いられました。
たまにはこんな夢も見させてくださいませ~。
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-01 23:01 | 2007釣行記

マルタFLY

ここのところ釣行記ばかり続いていましたのでチョット息抜き、フライパターンを紹介します。
とは言いつつも、サンデーフライフィッシャーの僕にとって平日のBLOG更新はチトしんどいです。(笑)
そんなことで、ネタつなぎ!?としてお気に入りのフライパターンを紹介していきたいと思います。

記念すべき第1回は、今シーズン真っ盛り「マルタ用フライ」を紹介します。
マルタ用フライは数々あれど、ふと何気なく買った日用品をマテリアルに使用したところ大当たり!
コレまでスレ掛かりが多かったマルタ釣りでしたが、このパターンの使用でバイトによるフッキング率が大幅にUPしました。

で、マテリアルはコレ。某ショップで格安にて購入しました。
d0112258_21402495.jpg


フックをバイスにセットし、ウェイトを巻き込みベンド部にマテリアルの毛糸を巻きとめます。
ビーズはあってもなくても構いません。気分次第でお好みでどうぞ。
d0112258_21403544.jpg


ケバケバがベンド側に向くように毛糸をシャンクに巻いていきます。
d0112258_21404790.jpg


ウィップフィニッシュしたら、余分をカットしフライっぽく形成して出来上がり。
d0112258_2140579.jpg


実はコレ、マルタのみではなく下の写真のようなモンスターにも威力を発揮することうけあいなし!
だと思うんですが・・・。
ちなみにこのモンスター、優に70はあります。2006忍野テニスコート裏にて。
d0112258_21411199.jpg
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-03-31 21:44 | FLYTYING

TAKA-Q is Back!

d0112258_21222674.jpg朝5:30、夜勤が終了し職場へ戻る途中、「俺、ご苦労さん!」と、自分へのご褒美にラーメンをすすります。
早朝にこのコッテリコテコテ家系ラーメンは、万人様の胃腸へはものすごくHEAVYかとは存じますが、夜通し仕事をしていた僕にとってはノープロブレムなのです。
先日体調を崩しご心配をおかけいたしましたが、もう心配はご無用です。
完全復活の”のろし”を上げるべく、ラーメンの湯気なんぞ上げてみました。
『TAKA-Q is Back!』



d0112258_21224490.jpgそんなことで、今日は夜勤明け午後休。
先日の「マルタの興奮を再び!」ということで、一路多摩川へ向かいます。
やってます、やってます。おびただしい数のマルタが遡上しています。
あまりの数の多さに戸惑いを隠せませんが、スレを回避すべくサイトで狙います。
なかなか口は使いませんが、ようやくフライにバイトしてきた50cmの元気なマルタをキャッチしました。


d0112258_2123227.jpg場所を移動したところで、「多摩川キャッツアイ」のHikkuさんと遭遇、ご一緒させてもらいます。
ただ今日はもう1匹キャッチしたので、そんなにムキになって釣りをする必要がありません。
Hikkuさんと夕日を眺めながら写真を撮るなど、のんびりとした釣りを楽しみました。
たまにはこんなスローフィッシングもなかなかいいもんですなぁ~。


d0112258_21233951.jpg

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-03-29 21:28 | カープフィッシング

『フライ&テンカラ交流勉強会』開催のお知らせ

私のテンカラ!?師匠のクラさんから一通のメールが届きました。
何でもクラさんが代表を務める「老眼天空本舗」主催の『フライ&テンカラ交流勉強会(別称第3回テンカラ勉強会)』が開催されるとのことで、
講師は何を隠そうFF界のカリスマ、あの佐藤成史氏が務められるそうです。

●日 程: 平成19年4月28日(土)・29日(日)
●場 所: 神流川C&R区間(群馬県)
●参加費:両日参加:1人5000円(講習費・保険料を含む)
単日参加:1人3500円(講習費・保険料を含む)
★別途入漁料が1日2000円掛かります
●募集人数:20人 
●募集締め切り日:4月20日(金)
●予定宿泊先:『不二野家』1泊2食7000円前後(希望者のみ)
●予定講習スケジュール
第1部講習:(28日) 午後12時半~午後2時半 於いて神流川C&R区間
★状況に合わせた毛ばりの選択
★毛ばりの流し方
第2部講習:(28日)  午後7時半~  於いて「不二野家」(宿泊予定先)
         ★『水生昆虫の生態』        
《講師:佐藤成史氏》
主催:老眼天空本舗        協賛:NPO法人 バーブレスフック普及協会



d0112258_23393354.jpgもちろん私は両日参加です。
ちなみに昨年もいろんなイベントが開催され、機会があるごとに私も参加させていただきました。
左の写真は昨年参加時のほんの一コマです。

ちなみに右端に写ってらっしゃるチョットまぶしい方がクラさんです。


d0112258_23394799.jpgほかにもこんなことやあんなことまで楽しめちゃいます。
ココではちょっと公表できません!!
お時間のある方、興味のある方は是非参加されてみてはいかがでしょうか!
詳しくは老眼天空本舗のクラさんまで、let's access!!

E−mail:rougannfly0363@msn.com   事務局: 倉上 亘氏
FAX:045・955・3226



[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-03-27 23:45 | 話題

復活の兆し

今市釣行で持ち帰ってきた風邪(インフル?)のおかげで、今日は仕事を休んでしまいました。
「(釣り)バ○は風邪をひかない」とよく言いますが、さすがの僕も今回ばかりはダウンです。
ところが夕べのおかゆと家内の介護あってか、昼を廻った頃にはだいぶ体調が良くなってまいりました。
アレほど無かった食欲が増してくると同時に?なぜか釣欲までもが増してまいりました。
そうなってくると家でじっとしていることがしんどくなってきたので、僕の体を心配する家内を何とか説得し、マルタ狙いで一路多摩川へ向かうことにしました。

ところで私事ですが、フライフィシングを始めて10年くらいが経ちますでしょうか?
釣りのテクニックはもちろん、「釣りに行くためのテクニック」もだいぶ上達してまいりました。(笑)
ま、そもそも論、我が家のハードルはかなり低いわけですが・・・。

d0112258_21344852.jpgそんなことで多摩川に到着するや否や、気温の上昇に伴ってかコイのライズが盛んです。
早速ブラックパラシュート#16でライズしていた65cmをキャッチしますが、狙いはコイツではありません。


d0112258_2135713.jpg目的のポイントに到着すると、多摩川キャッツアイのhikkuさんとお会いすると同時に、マルタの遡上ともご対面することが出来ました。
何でも今月の中旬以降全くお目見えすることが無く、昨日の雨の影響で増水したせいか、はたまた僕の日ごろの行いが良いせい!?か分かりませんが、今日突然現れたんだそうです。


d0112258_21352784.jpg先に4つキャッチしたhikkuさんに場所を譲ってもらい狙います。
濁りが入っている流れと相当数の遡上の中で、マルタに口を使わせフッキングさせるのは至難の技です。
案の定スレ掛かりを連発する中、55cm・50cmのそこそこのサイズのマルタをキャッチすることが出来ました。


それはそうと、今日で2007年釣行が早くも31回目を数えました。
今のところ、月10回の釣行ペースでしょうか?
このままいけば年間120回釣行も夢じゃない?
あ、あくまでも今日の釣行は風邪の治療の一環ということでご理解くださいませ!
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-03-26 21:40 | カープフィッシング

今市!?釣行5日目

3/21よりの釣行も5日目の最終日を迎えました。
実は昨晩帰宅し、どうしても気にる山梨の某渓へ向かうことにしました。
ところが、今市での渓魚との思い出のほかよからぬモノまで東京に持ち帰ってしまったようです。
頭痛・腹痛・関節痛・吐き気・手足のシビレ・etc・・・。
の子供達が風邪をひいていたのですが、昨日から調子が悪いなとは感じていたところ、
どうやらうつってしまったようなのです。
とは言いつつも気になる渓に行きたい気持ちが勝ってか、具合が悪いところを押し切って、中央道をひた走ります。


d0112258_21325148.jpg案の定、気になる渓に到着すると濁りで釣りになりそうもありません。
やむなく下部川に向かい300mほど瀬を叩いてみましたが、全くもって反応がありません。
最終手段は忍野へ向かいました。


d0112258_2133669.jpg忍野でも若干の濁りは入っているものの、釣りにはなりそうですが、水面は静まり返っています。
ようやく見つけたライズ、早速狙ってみますが具合が悪いこともあってキャストがままなりません。


d0112258_21331791.jpgやっとの思いでバイトさせることに成功しますが、あわせが遅れフッキングしません。
かろうじてライズをキャッチすることが出来ましたが、これ以上やっていても具合が悪くなる一方、釣果もあがらないと判断し16:00に格竿しました。


d0112258_21332885.jpgそういえば、昨日の昼から何も食していません。食欲が無いのです。
そんなことで今晩のご飯は「おかゆ」ですが、完食するのがしんどかったです。
来週の某渓に向けて、万全な体調で望めるよう頑張ります!

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-03-25 21:37 | 2007釣行記

今市釣行4日目

d0112258_23154913.jpg今日は今市釣行4日目、は体調不良で釣りはお休み?とのことで、兄の釣友katsuyama氏とガチンコ勝負です。
結局場所が分からず、とりあえず渓魚の顔を拝んで安心しておこうと言うことで、例の板穴川ライズポイントへ向かいます。
するとポイントへ到着するや否やライズしまくりです。
とりあえず様子見と言うことだったのですが、二人顔を見合わせ思わず「ニンマリ」といやらしい笑みをこぼします。
FFマンの悲しい性でしょうか、ライズの魅力には勝てません。
早速katsuyama氏にライズを狙ってもらったところ、あっさりとキャッチしてしまいました。
う~ん、katsuyama氏恐るべし!


d0112258_2312387.jpgとりあえず僕は瀬を叩いて釣り上がることにしました。
するとどうでしょう!叩こうとしたポイントに目をやると、瀬の中でライズをして待っていてくれるではありませんか!
これはもうプチパラダイスとしか言い様がありません。
正味1時間強の釣り上りで10本のヤマメをキャッチすることが出来ました。
ただサイズは7寸どまり、昼食を取り午後も大物に期待をかけます。


d0112258_23161154.jpgところでkatsuyama氏、さっきのポイントから動こうとしません。
もう完全にLockOn!状態です。
katsuyama氏の根性と言おうか、精神力と言おうか、はたまた執着心と言おうか、脱帽です。
結局格竿するまでに14本キャッチ&バラシ7本の釣果となったそうです。


僕はその後8本のヤマメを追加し、ヤマメ18本&バラシ数知れずでした。
明日はいよいよ最終日。いい釣りが出来るよう頑張ります!
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-03-24 23:16 | 2007釣行記

今市釣行3日目

d0112258_19464874.jpg今日は所要で兄が釣りは休みとのことで、約3ヶ月ぶりに家内と釣りを楽しんできました。
あまりポイントがわからないので、とりあえず昨日実績のある板穴川へ向かい、家内に釣らせます。


d0112258_19471096.jpgところが昨日はあんなに活発だったライズがほとんどありません。
いくつかポイントを見て回りますが、あったとしてもおチビちゃんのライズのみで、良型の姿は見えません。
解禁3日目にして根こそぎ抜かれていってしまったのでしょうか?
かろうじて川底に定位していた6寸程度のヤマメをサイトでキャッチできました。


d0112258_19474051.jpg15:30をまわったところで見切りをつけ、昨日の午前中にライズを獲ったポイントへ移動します。
これが「吉」と出ました!
同じプールのヒラキの数箇所でライズが見られます。
ライズフォームからすると捕食対象は明らかにミッジで難しそうですが家内に釣らせます。
何を隠そう、家内はミッジのライズフィッシングは初めてです。

左の写真、ライズをフックアップさせた瞬間です!
いや~たいしたものですね、僕!こんな瞬間の写真を撮るなんて見事です!
じゃなくて(笑)、初ミッジングでライズ狙いの家内のセンス!



結局今日は家内がヤマメ×1、ニジ×1、バラシ×2、僕が16:00スタートでニジ×3、バラシ×2でした。
なんだかんだいって夫婦水入らず、楽しい釣りができました。
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-03-23 19:49 | 2007釣行記

今市釣行2日目

d0112258_1956461.jpg今日も引き続き今市です。
今日は今市ICからほど近い板穴川へ行ってきました。
渓に着くと早速プールのヒラキでライズを発見、そっとストーキングしライズポイントまでの距離をつめます。
2回目のキャストでうまい具合にフィーディングレーンに・・・・。
っ!?
まさかのスッポ抜けで渓魚の警戒心をあおってしまい、かろうじてキャッチはできたものの、1時間を費やしてしまいました。
釣れてくれたのは7寸程のニジ君。見事なまでにミッジのみを偏食してくれてました。



d0112258_1956223.jpg昼食をとり、午後は上流域へ移動したところ、またもや早速のライズを発見します。
ここは手堅くが1尾キャッチ、後に場所を譲ってもらい僕がチャレンジし辛くもヤマメを2尾追加することができました。
夕刻も迫り午前中入渓したポイントでイブ狙いです。
散発ながらも数匹の渓魚がライズしていますが、あきらかに捕食対象物は小さそうです。
スッポ抜け・バラシを連発しながらも、かろうじて7寸程のニジ君をキャッチすることができました。


今日はニジ×2、ヤマメ×2、&バラシ×4の釣果に終わりましたが、1日中ライズ狙いだけでとても楽しめました。
明日も頑張ります!
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-03-22 19:58 | 2007釣行記

今市釣行1日目

d0112258_21311864.jpg
今日は今市釣行1日目、兄の釣友katsuyama氏と合流し、男鹿川へ行ってきました。
男鹿川は今日が解禁日でかつ休日ということも重なり、渓はかなりの盛況ぶりです。
先行者を避け上流へ進むと、残雪の中すばらしいロケーションが広がりました。
・・・が、ふと気づいたときには先行者の跡を追ってしまっていて魚の反応は得られませんでした。(涙)


d0112258_2130535.jpg午後はC&Rエリアに入ります。
水温6℃、時折強い風が水面を横切りキャストもままなりません。
かろうじてドライでキャッチできたものの厳しい釣を強いられました。

支流にてイワナ×1,C&Rにてヤマメ・ニジ×各1と、初日にしてはチョット不満の残る結果に終わりましたが、大物との出会いを胸に抱き明日も頑張ります!

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-03-21 21:32 | 2007釣行記

充電完了!

d0112258_20522872.jpg明日よりの住む今市へ5日間の釣行です。
もしかしたら早帰りし、良い釣果を得られている情報の某川へ向かうかも知れませんが・・・。
そんなことで今日の昼は品川にある家系 ラーメンで腹ごしらえ。
今市釣行に向けて充電完了です。



d0112258_20524192.jpg昨年はすばらしいロケーションの中、楽しい釣行が出来ました。
左の写真のような澄んだ水色でアプローチの距離を遠ざけてくれる?渓もありますので、とても楽しみです。

釣行期間中は可能な限り当blogの更新に努める所存ではございますが、なんせ久しぶりに兄と対面するものですから酔魔?に勝てるか分かりません(笑)。

そんなことで行ってまいりま~ス!

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-03-20 20:57 | 話題