2007今市釣行vol.2 またまた天国と地獄

d0112258_22294988.jpg今市釣行5日目の今日は、日光湯の湖に行ってきました。
快晴のいろは坂を登っていくと、徐々に肌寒くなっていきます。

目的地に到着しました。すばらしい景色です。
早速ボートを借り、ヘビーウェイトニンフ&マルタフライ!のドロッパーシステムでハーリングの開始です!

        ↓
        ↓

朝7:30頃よりひたすらボートを漕ぎ続けますがっ!一向に反応がありません。
昼をまわる頃には腕がパンパンでもうへとへとです。
昼食時の麦ジュース!?が手伝ってか、もうやんなってきちゃいました!
とは言っても高い游漁料とボート代を出費しているためやめるわけにもいきません。
気を取り直して再びボートを漕ぎ続けました。



d0112258_22301940.jpg
15:00をまわった頃、対岸のから「こっちに来るように」との電話が入りました。
「お前が来いよ!」なんて半分ふてくされながらシブシブ行ってみると・・・。
なんと!あれほど静まりかえっていたのにこちらはライズバシバシです!
どうやらユスリカのハッチが始まっていたようです。
ライズはそれほどセレクティブではなく、#16~#20のドライで反応は良好でした。

←そんな中、#20イエローパラシュートでキャッチできた50弱レインボー(ネット全長=43cm)
  ボート釣りのため魚を弱らせないように刺さっていたルアーを外して水に浸し、携帯で写真を撮って魚を水に浸し、デジカメで写真を撮ってやっとこさリリースと、すったもんだしました。


d0112258_22303914.jpg

いや~、昨日に引き続き天国と地獄を味わいました。
いよいよ明日は最終日です。
いい釣りできますように!

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-05-04 22:39 | 2007釣行記

2007今市釣行vol.2 天国と地獄

今市釣行4日目の今日は晴天に恵まれました。
釣友katsuyama氏が来る予定ですが、どうやら帰省渋滞に巻き込まれ少し遅れる模様です。
そういえば帰省・Uターン渋滞って、ある意味「マルタの遡上に近いものがあるかな?」なんて思うのは私だけでしょうか?
そんなことでkatsuyama氏が到着するまで荒川C&Rで軽くウォーミングアップです。

撃沈しました(涙)。
すっぽ抜けを連発しました。一応言い訳だけさせてくださいませ~!

d0112258_2253047.jpg

昼前にkatsuyama氏と合流し一路日光湯川へ向かいます。
残雪がある湯川は若干気温が低く、水温はかなり冷たいため活性は低そうです。

ライズは見られないため、ニンフのルースニングで狙いますが、どうやら魚の入っているポイントは限られているようです。
9寸を頭にいくつかのブルックと出会う事ができました。


d0112258_2255798.jpg
夕刻近く、水深のあるポイントでニンフを流し込んだところ、ひと際大きい魚影が揺らめいたのを確認しました。
全神経を集中させ、再びニンフを流し込んだところ・・・インディゲーターがわずかに動きました!
見事フッキング!優に尺越えです!
一気にテンションが上がり、天国に上ったような気持ちです!
「ヴぁっ!」
尺上の口にかかっていたはずのニンフが宙を舞い、後方の木の枝にかかっているではありませんか!
夢か幻か、はたまた木の枝を釣っている事が現実なのか?


・・・尺含め7本くらい、katsuyama氏・・・ルースニングで20本オーバー
私・・・凹んでます・・・・(涙)。
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-05-03 22:10 | 2007釣行記

2007今市釣行vol.2 勝利の女神の行方・・・。

d0112258_21415523.jpg今日は今市釣行3日目、朝からシトシトと雨が降っています。
どこの渓で釣行するか迷ったあげく、まずは男鹿川へ向かう事にしました。
移動途中、雨がやみ晴れ間がのぞいてきたので湯西川支流をのぞいてみる事に。
ロケーションはすばらしいのですが、魚影は確認できません。


d0112258_21421236.jpg更に移動し、目的地である男鹿川支流に到着しました。
ここもロケーションはすばらしいですが、果たして魚影は確認できるでしょうか?
入渓するとすぐさま小さな魚影が走ります。「うん、渓魚は居るようだな。」
渇水ぎみのこの渓は、叩くポイントは限られてしまうものの、小さいながらも元気なヤマメが顔を出してくれました。
バラシを連発した為キャッチは7寸程度が2本のみでしたが、心地よい釣りを堪能しました。


d0112258_21423294.jpgイブは男鹿川C&Rエリアに到着しましたが、も~かなりの強風です。
風がやんだ合間に散発ながらもライズが確認できた為狙いますが、思ったところにフライをプレゼントできません。
皮肉な事に、時間がたつに釣れ風の合間をぬってライズが活発になってきました。
渓の活性と反比例するかのように、痛恨のバラシ・すっぽぬけを連発します。
が、かろうじて8寸程度のきれいなヤマメをキャッチすることが出来ました。


d0112258_21425225.jpgそんな中見事にがライズをしとめ、なんと!尺イワナをキャッチしました。
その後続けて数本キャッチできたようで、どうやら勝利の女神は兄に微笑んだようです。

←元気に泳ぐ鯉のぼり


明日は釣友katsuyama氏がこちら今市に来る予定です。
明日以降、どんな釣りが出来るかとても楽しみです!
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-05-02 21:44 | 2007釣行記

2007今市釣行vol.2 曇り後一時雨、時々・・・。

今市釣行2日目の朝を迎えました。
何でも昨日は27℃まで気温が上昇したようで、どうりで暑かったわけです。
が、今日は打って変わってどんよりした曇り模様で、おまけに気温もかなり低下し少し寒いくらいです。

d0112258_20364451.jpg
そんなことで今日は板穴川(霧降川)中流部へ向かいました。
気温の低下のせいあってか、渓は静まり返っています。
時折小さいライズを見つけますが、思った以上に渋く出たとしてもすっぽ抜けを連発します。

←ライズを狙う


d0112258_20371092.jpg
かろうじてキャッチできた体色の鮮やかな7寸ヤマメ。
おそらくネイティブではなかろうか。


昼食をとったところで雨が降り出しました。
と同時に昼食時の麦ジュース?が効いたのか、釣欲より睡魔が勝りしばしお昼寝タイムです。
その間兄はキャッチこそ1本のみだったものの、かなり良い釣りが出来たようでした。

イブは大谷川へ移動しますが、思った以上にライズが単発だった為に不発に終わりました。
いや~、かろうじて「ボ」ではなかったので、良かったっす!
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-05-01 20:40 | 2007釣行記

2007今市釣行vol.2 スロースタート

d0112258_2142081.jpg今日からの住む今市で6日間釣行(予定)のスタートです。
昨日までの神流川釣行で多少の疲れが残っていた為、昼着予定でのんびりと家を出ました。
今年の4月に晴れて小学生になった甥っ子のチー君が元気に出迎えてくれました。


d0112258_2143498.jpg挨拶をそこそこに済ませ、早速釣りmodeに切り替えます。
初日の今日は今市釣行での頼りになる迷?ガイドの兄が、ウエスタン村の裏を流れる砥川に案内してくれました。


d0112258_2145049.jpg砥川では型こそは6~7寸程度ではありましたが、飽きのこない程度にヤマメ達が遊んでくれました。
17時を廻ったところで、イブ狙いは荒川C&Rエリアに移動しました。
どうやら昨日放流した模様で魚影はかなり濃く、狙うべきライズを絞り込むのも困難を極めました。
そんな悠長な事を考えていたのが大間違い!コテンパンにやられてしまいました。
まぁ、人生そんなにあまくありませんなぁ~。

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-30 21:18 | 2007釣行記

「フライ&テンカラ交流勉強会」

d0112258_2350687.jpg昨日今日と群馬県は神流川で行われた、老眼天空本舗主催の「フライ&テンカラ交流勉強会」に参加してきました。
講師はあのカリスマフライフィッシャーriverwalkers氏です。
初日は役場前のC&Rエリアにて師の講習から始まり、その後実釣に入ったところでミドリカワゲラのスーパーハッチに遭遇します。
昼過ぎに激しい雷雨に見舞われ一時はどうなるかと思いましたが、師のスライドショーを楽しんでいたところで再び日が差し込み、釣り再開となりました。
難しいライズに悩まされつつも、何とか10本位のヤマメと出会うことが出来ました。


d0112258_23501982.jpg二日目は本谷渓流釣り場での実釣です。
午前中ドライでポイントを叩きますが、思った以上に厳しい釣りを強いられます。
それを考えると、デモンストレーションでいとも簡単に次々と渓魚をキャッチする師はサスガ!の一言です。
やむなく小さいニンフでサイトフィッシングに切り替えたところ、9寸を頭に数尾のヤマメと出会うことが出来ました。


d0112258_23503463.jpg昼食をとり、気を取り直して釣り再開したところ、気温の上昇と共に渓が活気付いたようです。
幸運はそれほど時間を待たずして訪れました。
ふと渓を覗き込むと、大きな魚影が川底で揺らめき時折何か流下物を捕食しているようです。
ここはドライで警戒心をあおる事は避け、大きめのウェイテッドニンフを鼻先に送り込みます。
ワンキャスト!33cmのイワナをキャッチすることが出来ました。
その後ドライでも数本追加し2日間にわたる勉強会に幕を閉じたのでした。


クラさん、riverwalkersさんをはじめ参加されたみなさま、大変おつかれさまでございました。
また機会がありましたらどこかの渓でご一緒しましょう!
私は明日より今市釣行へ突入します。
また良いお知らせが出来るよう頑張ります!
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-29 23:52 | 2007釣行記

テストエントリー

d0112258_2225612.jpg

d0112258_2225666.jpg

d0112258_2225641.jpg


今日は今後の長期釣行に備えて、携帯電話でエントリーの練習です。

どうやら写真の配置は操作できないようです。

ちょっと絵文字も入れてみます。

絵文字は入りませんでした。

まぁこんなもんかな?
[PR]
# by taka-qizm | 2007-04-26 22:02 | 話題

初○○○○

夕べは雨の中、夜勤でございました。
例のごとく、自分へのご褒美として夜明けのラーメンを食しましたが、そういえば今日は健康診断であったことをすっかり忘れておりました。
いや~絶不調であったため良い結果は得られないとは思いつつも、極めつけは胃の検査でありました。

d0112258_22181520.jpg

中年街道まっしぐらの私にとっての、初めてのバリウムであります。
案の定、医師に消化しきっていないことを指摘されてしまいました。
後にこのバリウムが思わぬ結末を迎えることとになろうとは想像もしませんでした。
そんなことで今日は夜勤明け午後休、Hikkuさんと連絡を取り多摩川へ向かいます。


d0112258_22184223.jpg
幸いにしてこの日はマルタの遡上もあったため、サイトで50クラスをキャッチすることに成功しました。

ちなみに今日は、先日発症した虫歯の治療があるため早上りです。
25年近く歯医者には行っていなかったためかなりビビッて歯医者に向かいましたが、思った以上痛みの無い治療でかなり安心できました。
ただ、麻酔が効きすぎて”ろれつ”がまわらず、帰宅後の飲食も困難を極めました。
後ほど”ろれつ”がまわらないのは、おチャケを飲んじゃったからと気付くわけですが・・・。



そうそう、バリウムの結末ですが、検査の後下剤を服する訳ですが・・・・。
釣行中、魚との戦いはもちろんのこと、自分との戦いがあったことは言うまでもありません。
詳細はご想像にお任せします。(笑)
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-25 22:22 | カープフィッシング

こそっと奥多摩 ・・・その結末

昨日のエントリーで、「もしかしたら呼び出しあるかも?」の予定でしたが、どうやら雨は降ったものの小雨で収まった模様で、結局のところ呼び出しはありませんでした。
こんな結末であればいっそのこと、K川へでも行っておけば良かったと思ったところ、K川へ行った釣友より「撃沈」の報告を受けました。
昨日の強風で、どこの渓も厳しい状況だったようです。

d0112258_21471322.jpg
そんなことで自宅へ帰ると飛行機予約等、毎年7月恒例の北海道釣行に向けて家内が奮闘中であります。
毎年毎年私に成り代わって、こんなめんどくさい手続きをやってもらって恐縮です。
お礼の意味も含めて、北海道釣行に向けて本日より家内用ロッドリビルドに着手しました。
リビルドといっても、グリップ・リールシートの交換のみですが、釣りばかり行っている私にとってあまりにも納期が短すぎます。
果たして北海道釣行まで間に合うのでしょうか?


d0112258_21472968.jpg

それはそうと、先日より発症した虫歯ですが、だいぶ悪化しております。
歯医者へ通おうにも予約が一杯で、受付してもらえません。
釣りにばっかり行っているから、バチにでも当たってしまったのでしょうか?
自分の頬の腫れ具合を写真に収めて・・・アホみたいですな~。

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-23 21:50 | 話題

こそっと奥多摩

先週末、仕事先で設備トラブルが発生しました。
私は技術屋で仕事先の緊急呼び出し要員としてエントリーされており、今日はいつ何時呼び出されるか分らないので、やむなく自宅待機です。
うずうずうずうず・・・・。
せっかくの休みだっていうのに、家でじっとしているのもかなりの苦痛です。
呼び出されたとして、家から仕事場まで原付で約1時間。
「仮に2時間かかったとしてもやむを得ないか!」

d0112258_21182635.jpgと言うことで、何かに導かれるようにたどり着いたのは、自宅から程近い多摩川上流部。
実は自宅待機と分かってから、釣友Hikkuさんより情報を得、ココに来ることを決めていました。(笑)
エッサーメンが良型をキャッチしているところを横目に、ドライではおチビちゃんしか反応が得られません。
それにしても、強風で全くもって釣りになりません。


d0112258_21212043.jpgやむなく支流に逃げますが、ここでもおチビちゃんしか反応が得られません。
今日は「とりあえず渓で竿が振れればいいや。」と思ってきたものですから、おチビちゃんのバイトはあわせないようにしました。


d0112258_2119290.jpgが、せっかく来たのに「ボ」もなんですから、あわせてキャッチできたのがこの子。
体色が綺麗な6寸ヤマメと出会うことが出来ました。
結局その後本流に戻りましたが、良型とは出会うことが出来ず、早々に格竿と相成りました。


d0112258_21191881.jpg今考えると、今夜は雨はなさそうです。
雨が無いと呼び出しの確率がだいぶ低くなるので、思い切ってK川へでも行けばよかったナ~。
だけどこんな風景の中でマイナスイオンを体一杯に浴びることが出来ました。
虫歯にチョットは効くかな~?

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-22 21:24 | 2007釣行記

TSDフィッシングシャツ

今日、釣友*M*A*S*H*さんのお勤めになられているショップでTSDフィッシングシャツを購入しました。
所用でショップへうかがった際、格安で販売していたため、思わず衝動買いしてしまいました。
なぜ衝動買いかといいますと、特に痛みも無く現役バリバリの1着をすでに所有しておるからです。
これから初夏にかけてのベストシーズンに通気性もよく、ポケットの配置等使いやすく設計されており、かなり活躍してくれるので重宝しています。

d0112258_21355159.jpg


明日早速着用しようかと思いましたが、残念ながら仕事の都合で釣りへは行けなさそうです。
幼少時代の虫歯が悪化し痛みは走るは、釣りには行けないはで、もう散々です。
虫歯はせっかくの家内の料理ものどを通らないほどの痛みなので、やむなく米を液体にしたもの!?で空腹を満たしております。

そんなことで明日は自宅でのんびり休養を取ろうと思う今日この頃です。
[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-21 21:38 | タックル

お気に入りフライ-クリップルダン(釣り上がり用)

お気に入りフライパターン第2回目の今回は、クリップルダン(釣り上がり用)を紹介します。

d0112258_21562974.jpg通常、クリップルダンと言えば、「ラストチャンスクリップル」が有名なパターンではありますが、
基本的に釣り上りが好きな私にとって、あのCDCウィングの視認性、浮力の持続性に不満が残りました。
そこでウィングをエアロドライウィングに替えたのがコレ。
シビヤなライズ、フラットなプールで使うのはチト厳しいですが、釣り上がりで白泡脇の流れをゆっくりとトレースすると、半沈み効果で反応はバッチリです!
渓魚を釣った後も、ウィング部にリキッドタイプのフロータントを施すことである程度の浮力を回復するので、イブニングライズ時のフライ交換時間も短縮できるので重宝します。


実はこのフライ、先日尺上2本を見事!?バラシたてくれました。
それがトラウトになってしまったようで、今回UPするための写真撮影中に手が震えたり目が回ったり、思ったように作業がはかどらなかったりと、かなりの重症です。
「いっそのこと、このフライパターンは封印しよう!」なんて考え出したところ、単なる酒の飲みすぎで出た症状であることに気が付き、少し安心しました。
で、つい先ほど「トラウト」ではなく「トラウマ」の間違いであったことも気付いたことは言うまでもありません。

d0112258_21565137.jpg


ま、そんなネタはさておき・・・(笑)、今日の昼は蒲田近くのキャベツラーメンで鋭気を養ったので、今週末のK川リベンジに向けての意気込みはバッチリです!


待ってろよ、K川尺上ヤマメ!

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-18 22:13 | FLYTYING

痛恨の。。。

今日はテーマを「釣り上がり」に絞り込み、K川リベンジです。
朝一から気になる瀬を叩きますが、一向に反応はありません。
一度ライズを見つけますが、強風にあおられフライが素直に狙ったところへ着水せず、キャストミス連発で場を荒らしてしまいました。
いくつかポイントを移動し昼近く、とあるライズポイントに到着し渓をしばらく見ていると、ライズを発見しました。
そのライズ、コカゲのハッチに伴い徐々に活発になっていきます。

d0112258_22451227.jpgライズを狙ったところ、比較的イージーに8寸ヤマメ2本ををキャッチすることが出来ました。
調子に乗ってきたところで、更なるサイズUPを期待したところ!?、良型がフッキングしました。
尺上です!

「ヴぁっ!?」ランディング直前で痛恨のバラシです。
しかもコレを2回も!繰り返してしまいました。(涙)
バラシを加えた後に、かろうじて泣き尺ヤマメをキャッチすることが出来ました。


d0112258_22465634.jpgちなみにこんなん出ました!


その後、パタっとライズが止んでしまいます。
ポイントをいくつか移動し瀬を叩きますが、結局ロッドが曲がることはありませんでした。


d0112258_22471475.jpgイブは散発ライズに苦戦し空振りです。
ひょんなところで、流れに落ち溺れかけていた赤ちゃんコウモリの救出に成功しました。
釣果など忘れて、赤ちゃんコウモリの体力回復を待っていたところでタイムオーバーと相成りました。


う~ん、まだまだ修行が足りませんなぁ~!

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-15 22:58 | 2007釣行記

夫婦で小菅釣行

今日は家内と小菅川に行ってきました。

d0112258_2362320.jpg最初はライズもあまり無いためポイントを見て歩きます。
イワナのライズを発見しますが、明らかに捕食対象物は小さく、おそらくワンチャンス、かなり難しそうです。

#22CDCスペントミッジを渾身の思いでプレゼントしたところ、ドンピシャ!フィーディングレーンにフライが入りました。
放流モノではありましたが、20cm程度のイワナをキャッチすることが出来ました。

左の写真は、私に釣られる前のイワナのライズシーンを収めたモノです。


d0112258_2364123.jpgその後、とあるポイントへ入渓すると、運良くコカゲとマダラのハッチに対するライズに遭遇し、思わず家内と「ニンマリ」。
型こそはよくありませんでしたが、家内も私もライズフィッシングで数釣りを楽しみむことが出来ました。


d0112258_2365668.jpg昼は近くのレストラン「MAYFLY」でカレーをいただきました。
残念なことに名物のスペアリブは完売!?。
オーダーすることは出来ませんでしたが、サービスでちょこっとだけいただくことが出来ました。
ママさん、ご馳走様でした。


d0112258_237966.jpg後半は気持ち活性が下がったのか釣果を伸ばすことは出来ませんでしたが、夫婦水入らずでスローな釣りを満喫しました。

私:イワナ×4、ヤマメ×1、ニジ×2ケタ、家内:イワナ×3、ニジ×1

[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-13 23:12 | 2007釣行記

年甲斐も無く。。。

d0112258_22385838.jpg先日、ティップを折損したロッドの修理を着手しました。
折損箇所はトップガイドから数センチバッド側のため、ソリッドを継ぎ足して修理する事にしました。
ソリッドをロッドブランクの内径にあわせてカッターで削り、トップガイドをソリッドに接着し、ロッドに差込みます。
あとはワインディングとラッピングをして修理完了です。


d0112258_22595760.jpg作業中、年甲斐も無くカッターで指を切開してしまいました。
職業柄、ナイフの取り扱いは手馴れたものですが、カッターとは使い勝手が違いました。
いつものように親指に刃先をあてがって作業したものの・・・。
「血っ血キ血~!」でした。

先日の釣行で、ティペットの巻き癖をとったり、ペーストタイプのフロータントを塗ったりと、見事傷口に悪影響を与えてしまいました。
グリップは血まみれになるわ、渓魚は釣れないわで散々でした。

しばしおとなしくしていようと、反省する今日この頃です・・・・。


[PR]
# by TAKA-QIZM | 2007-04-10 22:57 | タックル