<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

週末は山梨にいました(ぷ)-1日目

昨日・一昨日ははるばる上州地方から、あるお三方がKツラにお越しになられるということで、私も2日間同行させていただくことと相成りました。

d0112258_1255620.jpg
<29日・土曜日>
この日は晴天に恵まれすがすがしい朝を迎えましたが、気温が急激に低下し吐く息も白く、いつも以上に厳しさを増して釣果に期待が持てません。
そんな状況下ではありましたが、昼頃起こりうるであろうハッチに期待し寒空の中ひたすらライズを待ちます。

「しかし寒い!寒いけど移動したら場所とられちゃうし・・・。」
釣欲と寒さとが心の中で格闘し続けながらもようやくライズが!

しめた!とばかりにまずはコチラの方にライズを狙っていただいたところ・・・。

d0112258_12554124.jpg秒殺です!サスガですな。

ご本人さんは「トラブッた~」なんて書かれていますが、映画でもなんでもいきなりクライマックスシーンから始まったら面白くないでしょ。
まぁ、これも演出のうちのひとつに過ぎません(ぷ)。
実際ライズにフライをプレゼントしはじめたら見事!ものの数十秒でライズをしとめてくださいました。

続いて私はというと・・・、なんだか知らないけど釣れちゃいました。

その後は先週、コチラの方がキッチリと教育してくれたおかげか?ライズが消沈してしまいましたのでやむなく下流に移動することに。

d0112258_12561621.jpg

移動した先では、皆さんがお集まりの様子です。
せっかくなので皆で記念撮影でもしようということでお集まりいただいたところ、目の前でライズが!

すかさずロッドを振っているコノお方
「だからぁ、記念撮影するんですけど・・(笑)。」

d0112258_12564977.jpg

けれどもそれくらいの意欲(釣欲!?)があってこそ、コレまでの地位を築いてきたんでありましょうな。

その証拠に目の前のポイントで次々と渓魚を釣り上げています。
「あの~ココはKツラでも有名な激シブポイントなんですけど・・・。」

改めて巨匠のすごさを思い知らされるのでありました。

d0112258_12571349.jpg
一方今回のツアーコンダクターのコチラの方はというと・・・。
「またアメだ~!」なんて狙った渓魚がなかなか釣れないのかブーブー言っておられますが、それでもコンスタントにロッドをしならせています。

私なんか1日釣り歩いて1尾釣れるか釣れないかなんですから、贅沢言ってはいけません。
今度贅沢言ったら、後ろから投石してライズリング増やしてやりますから覚悟しときなさい(爆)!

d0112258_13105440.jpgさらにはinaxさんはというと・・・。
まずはチョ~スローな流れでライズしているヤマメをいともカンタンにキャッチします。
ただフックアップさせた場所がコレまた悪い。
これからランディングまでのドタバタ劇はどなたかのブログでエントリーされるとか・・・(笑)。

その後は当然のことながらメインディッシュを召し上がっていただきます。
がっ、コノ激戦区でここまで大きく育ったからにはそれなりの生き抜く術を知っているこのヤマメ、すんご~くスプーキーすぎて手に負えません。

残念ながらサスガのinaxさんもロッドを曲げること無く、寒さに悩まされた初日の釣行を終えるのでありました。


2日目に続く・・・
[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-03-31 15:18 | 2008釣行記

本日の・・・

d0112258_22151269.jpg
今日は先日惨敗に終わった西Kツラ地区へリベンジに挑みますが、晴天に恵まれながらもかなりの気温の低下で、渓の活性は低そうです。

その予感はズバリ的中、あるポイントでしばらく流れを見ていますが、ライズのラの字もありません。
ライズ待ちでじっとしているのも寒いくらいであまり釣果に期待も持てそうにありません。
それでも昼を前にしたあたりからハッチと共にライズもチラホラ見られるようにはなってきましたが、それにしてもライズが安定しません。

ふと、上流から釣り人が釣り下がってきました。
「はて?どこかで見たことのあるような・・・。」

d0112258_22154446.jpg
午前中のポイントに見切りをつけ場所を移動したところ、緩やかな流れの中に明らかに尺超えのヤマメが悠々と泳いでいます。

が、流下に対する反応はもんのすご~くシブイです。

その尺上が・・・。
 ↓

 ↓

 ↓

d0112258_22161746.jpg
コレモンのライズをしては直後に姿をくらませてしまいますので、モ~手に負えません。

当然のことながらこんなライズが容易に捕れるわけもありませんが、「何かの間違いで俺の投じるフライを喰ってくれるかも・・・。」なんて期待を胸にその場を立ち去ることができません。

ただ待ち続けること約1時間、ようやく諦めがつきポイントを離れることにした私の右手には、コブシ大の石を握っているのでした・・・(←ウソ・笑)。

d0112258_221645100.jpg

そんなことで今日は昼頃キャッチしたこのイワナ1尾のみ。

まぁ西Kツラとは相性の悪い私のことですから、この1尾と出会えた時点で「本日の業務は終了」だったのかもしれません。


続く・・・!?
[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-03-29 22:29 | 2008釣行記

お気に入りフライ-CDCダン(withインディゲーター)

d0112258_19411386.jpg

私もこのフライにはどれだけ助けられたことか・・・。
今考えただけでも計り知れないほどの実力を発揮し、数多くのピンチから一発逆転勝利に導いてくれたいわずと知れたこのフライ、いまさら私が多くを語る必要はありませんね。
ちなみに私の場合は目が悪くナチュラルカラーは見辛いので、エアロドライウィングもいっしょに巻き込んで視認性を高めております。

今日、若干の時間があったので週末の釣行に向けいくつかタイイングしました。
めったにやらないタイイング、少しは苦労の成果が実ればよいのですが・・・。

ところで近々、上州方面の方々が遠路はるばる甲州の渓にいらっしゃるそうです。
上州の皆様がいらっしゃる頃には渓も活気付いて、きっとよい釣果をもたらしてくれることでしょう。
久しぶりの再開が今からとても楽しみです!
[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-03-28 20:27 | FLYTYING

週末は。。。

d0112258_21293054.jpg

                                  僕もでつ。
[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-03-26 21:30 | 話題

渡り鳥。。。

今日はKツラオンパレードです。
d0112258_2247217.jpg


西も・・・。

d0112258_22474268.jpg


下も・・・。

撃沈!!(涙)

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓
 
 ↓

 ↓

 ↓
d0112258_22485371.jpg


忍野ではライズ、いくつか捕れましたけどね~(汗)。

[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-03-23 22:50 | 2008釣行記

雨振りしきる中・・・。

今日は体調は悪くありません(笑)。
おかげで昨日、シモKツラでの終止符!?をうったところで今日は晴れて西地区デビューです!
d0112258_207446.jpg
がっ!そんな私のウキウキ気分とは裏腹に昨日から冷たい雨が降り続きます。
一応西地区の下流域から主要ポイントを見て歩きますが、濁りで釣りは厳しそうです。
とりあえずはそんなに濁っていない瀬を叩くことにしますが、てんで反応がありません。

急激な気温の低下と冷たい雨でとても寒く、はっきし言って釣果に期待が持てません。
そんなことで車をさらに西へ走らせ、少しは魚影が確認できるであろう忍野地区に向かうことにしました。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓
 
 ↓

 ↓

 ↓
d0112258_20184975.jpg
・・・って、雪降ってんですけど・・・(涙)。

しかも忍野には珍しく濁りが入っています。

「こりゃぁダメかぁ~」なんて思いつつも一通りはポイントを見て歩いたところ・・・。

d0112258_2027184.jpg

どこもかしこも水面は静まりかえっていますが、とある一角のみ渓魚が上ずってライズを繰り返しています。
しかも尺を超えるヤマメもライズしているではないですか!

明らかにシブそうなライズですが、ミッジフライで挑みます。
がっ!スッポ抜けやらバラシやらを繰り返し、大きいサイズの渓魚から次々に姿をくらませてしまいます。

やはり私はグイウ~ハンターなんでしょうか(涙)?

d0112258_2040998.jpg

サスガに尺クラスはキャッチすることは出来ませんでしたが、かろうじていくつかのライズをしとめた個体のストマックがコレ。
まぁ、一応はマッチングザハッチだったのでしょうか?

しかしっ、寒くてモ~釣りになりません!

コノ寒さから逃れるべく、釣果は期待できずともやむなく西地区へ逆戻りです。

d0112258_2049476.jpg
とある有名ポイントに到着したところ偶然にも!?お会いしたのがゴリ松さんご一行。
なんでも私が忍野で悪戦苦闘している間にライズボコボコでウハウハ♪だったとか。
私が忍野での苦労話をしている間にも散発ながらライズが見られます。

「TAKA-Qさん、どうぞ。」
あまりにもミジメな私を哀れんでくれたのか、なんともやさしいことにライズを譲ってくださるではないですか!
しかも手ぶらで入渓した”ふとどきな”ワタクシメにフライとリール付きのロッドまで貸していただけるとは・・・。
あぁ、神様、仏様、ゴリ松様・・・。
「遠慮なくやらさせていただきヤスっ!」

d0112258_20555939.jpg
っしゃ~おらぁ~!!
(↑亀田風に)

なんと!釣れてくれたのはイワナでした。
今日のゴリ松さんご一行のみなさんは、イワナのオンパレードだったようです。
グイウ~ハンターの称号を手にした昨日の私からすると、なんともうらやましい限りです。

ゴリ松さんご一行のみなさま、今日はありがとうございました。
またどこかの渓でお会いできることを楽しみにしております。
[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-03-20 21:58 | 2008釣行記

○○○~ハンター

今日も!?ひょんなことで仕事はお休み(ひょんなこととはご想像にお任せいたしますが・・・汗)、となれば当然のことながらKツラ川へ向かいました。
今日は昨日とはうって変わって風も穏やかでキャスティングに悩まされることはなさそうですが、気温の低下が気になります。
渓魚の活性低下につながらなければ良いのですが・・・。
d0112258_21165931.jpg
まずはKツラでも人気の高いポイントに到着です。
この石、見る人が見ればすぐに場所がお分かりいただけると思いますが、そうです!あのポイントです。

しばらく流れを見ていると・・・、石際のピンスポットでライズが見られます。
明らかにシビヤそうなライズではありましたが、ライズを見つけといてほっとくわけにもいきません。
ここは渾身の想いでフライをプレゼントします。

っしゃ~おら~!(←亀田風に)

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓
 
 ↓

 ↓

 ↓
d0112258_21171664.jpg
・・・って「グイウ~」ぢゃん!
あのポイントでグイウ~はマジ!カンベンしてよ~!!
あのムズい流れを30cmドリフトさせるのにどれだけ神経使ってると思ってんの(怒)!

まぁグチっていてもしようがありませんので、気を取り直して次なるライズに挑みますが・・・。

グイウ~のオンパレードです!
明らかにヤマメらしい流れのヤマメらしいライズを狙いますが、今日だけでグイウ~のライズを2ケタもキャッチしちゃいました(涙)。
もうこれはヤマメハンターならぬグイウ~ハンターの称号は私のものですな!

しかしながらKツラのグイウ~って、あんなにシャープなライズをするのね・・・勉強になりました(苦笑)。

d0112258_21455615.jpg
さらに気を取り直してライズを求め渓をさ迷い歩いたところっ!今度こそ間違いなくヤマメのライズです!
が、運悪くスッポ抜けやらバラシやらを連発します。
どうやら私はグイウ~ハンターの道を究めるしかないのでしょうか(涙)?

そんなことを繰り返しつつも、ようやくのことで小さいながらもライズをしとめることが出来、まずは「ボ」を免れ一安心です。

がっ!コレで安心してはいけません。
今日の釣行の最大の目的が残されているのです!

d0112258_2150552.jpg
そんなことで「禁断のプール」にやってまいりました。
到着と同時に雨が降り始めますが、果たしてコノ雨が私に幸運を運んでくれるのでありましょうか?
そんな私の気持ちをあざ笑うかのごとくヤマメたちのライズが見られます。
コレまで味わった苦い想いを胸にフライをプレゼントしたところ・・・。

ドンピシャ!ムズいライズを見事にキャッチ!サスガ!俺!

・・・ってグイウ~です(涙)。

今日はもうダメ・・・、もうカンベンして・・・(涙)。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓
d0112258_2295081.jpg
ライズ捕ったど~!
(↑浜口風に)

あきらめかけていたその時、さっきまでガッツいていた釣欲から解き放たれ余計な力が抜けたのか、対岸の護岸際スレスレで繰り返されていたライズをようやくフッキングさせることに成功しました。
結局このおチビ1尾のみでしたが実に5度にわたるリベンジの末、禁断のプールのライズをキャッチすることが出来たので今日はもう大満足です。
そんなことで禁断のプールもとりあえずは卒業することができたようなので、明日は!?西地区に出撃し新たな試練に挑みたいと思います!

しかしながらリベンジ劇もココまで来ると・・・つくづくわたしって「お馬鹿チン」でございますなぁ~、いろんな意味で♪。
[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-03-19 22:47 | 2008釣行記

臨時リベンジ

d0112258_23165386.jpg
今日はひょんなことで急遽仕事はお休みです。
そんなことで今日も行ってまいりました、Kツラ川。

まずはお気に入りの瀬を叩きあがったところ、運良くライズに遭遇します。
ところが!ライズを狙ってフライをプレゼントしますがすっぽ抜けとバラシを連発します。
今日は風の影響もあってか、どうも歯車がかみ合いません。

やむなく先々日の屈辱を晴らすべく「禁断のプール」へ向かうことにしました。

d0112258_23171524.jpg
正午近く、護岸上から様子を伺うと、尺クラス数本が定期的にライズを繰り返しているではないですか!

フィーディングレーンとライズの周期を頭に叩き込みいざ!渓に立つと・・・。
強風とまでは言いませんが、にわかに吹く下流からの風の影響でキャステングコントロールがままなりません。

いくつかへボプレゼントを繰り返しているうちにライズが消沈し、再びライズを見ることはありませんでした・・・(涙)。

d0112258_23173212.jpg
その後もポイントを変えライズを探してさまよい歩きますがライズらしきものは見当たりません。
やむなく瀬を叩き上がることにしたところ、いくつかのバイトはありましたがフッキングまで至らずあえなく撃沈です。
結局今日の釣果は午前中にかろうじてキャッチした1尾のみ。
リベンジどころか、返り討ちにあってしまいました(涙)。

実は今日、「体調が悪い」ということで仕事を休んだのですが・・・、ホントに具合が悪くなってしまいそうです(苦笑)。
[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-03-18 23:21 | 2008釣行記

【佐藤成史春季FFスクール(2008)】で見たものは!?

d0112258_2049252.jpg
昨日は老眼天空本舗主催の【佐藤成史春季FFスクール(2008)】が開催されました。
スクールは土日の2日間開催されたのですが、私は残念なことに仕事の都合がつかず日曜日のみの参加です。

今回は「ミッジング」にテーマを絞り、講師であるriverwalkers氏によるミッジングテクニックがフィールドで繰り広げられることに・・・。

d0112258_2141935.jpg

簡単なオリエンテーリングを済ませた後は、師によるデモフィッシングです。
ただココはかの神流川のC&Rエリア、激シブポイントでも有名なことはみなさんご存知のとおりですがっ!サスガは師、次々と渓魚をフッキングさせます。

しかしフックサイズが#30ということでいくつかバラシがあったものの、考えてみればたった30分程度のデモの間で起こった怒涛のフッキング劇かと思うと、改めて師の偉大さを思い知らされるのでありました。

d0112258_2143925.jpg
デモの後は個人講習&実釣です。
陽が登るにつれ気温とともに渓魚の活性も上がってきて、気が付いた頃にはいたるところでライズが見られるようになって来ました。

ただココは神流川。
激シブが故、モノホンの流下に対してもスプークする様子が見てとれます。

参加者各々、様々な想いを胸にライズめがけてプレゼント!
果たして激シブライズを攻略できるのでありましょうか!?


d0112258_215185.jpg

そのシブさを痛いほど体感されたのがコノお方(笑)。

「ヴぁ~~~~~っ!」
雄叫びともとれるような声が上野村に”こだま”します。

そのうなり声に驚き声のするほうを見てみると・・・まるで「力石徹との死闘を終えた矢吹ジョー」を思わせるかのごとく燃え尽きてちゃってます♪。

そんな彼も最後にはしっかりとドライでキャッチできたようですが、どうやらスッポ抜けやらバラシやら、神流の手厚い洗礼を受けていたようで、幾度となく写真のような光景を拝むことが出来ました。


d0112258_2121581.jpg

それもそのはず、釣り上げた渓魚のストマックはというと、見事なまでの偏食ぶりです。

仮にフライサイズ・パターンが合致したとしても、そこにステージやらドリフトやらの条件が加わり、思うように反応してくれません。

私自身も手を変え品を変え、ライズに挑みましたが思った以上に苦戦を強いられました。
しかしながら同じポイントのプールで釣れたにもかかわらず、流れの筋が違うことでココまで捕食対象物が違うとは・・・。


d0112258_2125257.jpg
まあ何はともあれ、参加された皆さんは師の手ほどきを受け、各自の課題を消化!?されたようでとても充実したスクールでありました。

クラさん、riverwalkersさん、練馬の住人さんをはじめ参加された皆様、大変お疲れ様でございました。

私自身も今回のスクールで多くの課題を残してしまい、今後の釣行計画(リベンジ)をどう企ててよいものか頭を悩ませる種を増やしてしまったことは言うまでもありません(汗)。
まだまだ修行が足りないってことですな~。
[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-03-17 22:06 | 2008釣行記

ランディングネットメイキングスクール

先週の8~9日にファグスクレナータ主催のランディングネットメイキングスクールが丹沢ホームにて開催されました。
私はというと、仕事の調整が付かなかったために(後にその仕事は不調となるわけですが・・・)参加できず、家内のみの参加です。
d0112258_194537100.jpg
初日、家内を丹沢ホームへ送った後、ど~してもはずせない用事!?があったために開講を前にホームをあとにします。
「Y子、みんなに迷惑をかけずにいい子でいるんだぞ!」

ココからのスクールの様子は私自身不参加のため、しばらくの間インストゥメンタルでお届けします(笑)。

d0112258_1946929.jpgd0112258_19463014.jpg

d0112258_1946478.jpgd0112258_19471450.jpg

d0112258_19481754.jpg
2日目の夕方、別の用事を済ませた私もスクールに合流します。

ご紹介が遅れましたが、講師はT-Craftの土屋先生です。

スクールの終盤には、土屋先生秘伝!のネット(網)取り付け時のフレーム固定方法!?(笑)もご口授頂くなど、かなり内容の濃い充実した様子であることがヒシヒシと伝わりました。

d0112258_19524210.jpg

そんな先生の丁寧な指導あってか、家内をはじめとする参加者の作品を拝見したところ、「コレが素人の作品か!」と思うほどの出来栄えです。

2日間というタイトなスケジュールであったために、コーティング作業が残っていますが参加者各々、仕上がったネットを満足げに並べスクールの締めくくり”ニコパチ”に備えます。

そんなことで家内の作品の紹介については、コーティングが完成した後にということで、しばしお待ちを・・・。

d0112258_2021572.jpg
土屋先生をはじめ、丹沢ホームのスタッフの皆さん、スクールに参加された皆さん、家内ともども大変お世話になりました。

家内本人もとても楽しい2日間を過ごすことができたと申しております。

今回私は残念なことに当初の仕事の都合で参加は出来ませんでしたが、次回開催時にはぜひとも参加させていただきたいものです。

ただし渓流OFFシーズンという条件が伴うわけですが・・・(汗)。
[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-03-15 08:07 | タックル