<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ファグススクールで見たものは!?

d0112258_21262413.jpg
左の3連写真は昨日のファグススクールのひとコマです。

スクール開校前、釣友ANDYさんのデモフィッシング様子を丘の上から眺めていると、ANDYさんの上流にひときわ大きな魚影を確認しました。
すぐさまANDYさんを呼び、魚影の確認をしてもらいます。

「じゃぁ、あれ捕って。」
本当は私があの渓魚にチャレンジしたいところですが、気持ちを押し殺しANDYさんにチャンスを譲ります。
当然のことながらコントロール性を考慮しリーダーを短く、フッキングしたときのことを考えティペットを太くしてもらいますが、リーダー交換をしているANDYさん、にわかに手元が震えている様子が伺えます。

管理釣り場で放流された個体とはわかってはいましたが、サスガにあのサイズを見せられると誰でも興奮するものです。
ちなみに中央と下の写真は同じ写真の縮尺を変えたもので、中央写真を見ていただければ渓魚の大きさが想像できると思います。
50cmはあろうかと思われる大イワナです。

ところが、あまりにも私達が殺気立っていたのか、その大イワナは警戒して姿をくらませてしまい、結局スクール終了後まで再び魚影を現すことはありませんでした。



まぁ、あんなイワナを見てしまってはいてもたってもいられません。
と言うことで今日、再び丹沢ホームへ行ってまいりました!(笑)

d0112258_21272919.jpg
はっきし言って、今日は他の渓魚には興味ありません。
ただただ、あの大イワナが姿を現すのをひたすら待ちます。

が、しかし退屈です。
あまりにも退屈なものですから、”大イワナ待ち”の自分なんぞ撮影してみました。
そんな自分のうしろ姿の写真なんか見て、なんだかアホらしくて悲しくなってまいりました。


 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

d0112258_21275619.jpg
そんな苦労が功を奏してか、ようやくキャッチすることが出来ました!
サスガっ!俺!

早速気になるサイズを測ってみると・・・ジャスト・・・・ンっ!?40cm?
あまりにも長時間イワナ待ちをしたせいか、縮んでしまったようです(涙)!

と言うのは冗談で、結局あの大イワナは姿を見せることはなく、そんな状況下でほぼ”あきらめmode”中に別のポイントにてサイトでキャッチできた1尾です。

丹沢ホームへの往復3時間、釣り1時間強、大イワナの待ち時間・・・約5時間。
ホント、おバ○ですなぁ~。
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-29 21:31 | 2007釣行記

2007秋季ファグススクール無事終了しました

今日は待ちに待ったファグスクレナータの初心者スクール開催日です。
普段の”オコナイ”が良いせいか!?昨日の台風が見事に過ぎ去り、晴天に恵まれました。


d0112258_22342839.jpg
本日の生徒さんは全くの初心者を含めた4名様。
フライの”フ”の字もご存じない方もいらっしゃる中で、スクールの開校です。
まずは簡単なオリエンテーションを済ませた後にフライの紹介や”ノット”の結び方について学びました。


d0112258_22344684.jpg
その後にフライフィッシングの基本、キャスティング練習に入ります。
「ループって何?」と言うところからはじめた初心者の方々が、我らファグスメンバーの手ほどきでみるみるうちにナローループが繰り出されます。

恐るべし!!ファグスメンバー!


d0112258_2235391.jpg
午後に入ると実釣です。
各自思い思いのポイントでフライをプレゼントしていきます。
今日は台風明けでかなり活性は高いものの、午前中に何人もの釣り人が通過したのか、プレッシャーは高いようです。

そんな中、私がお相手させていただいた方には、いきなりのサイト&ライズフィッシングにチャレンジしてもらい、期待通りにキャッチしていただくことが出来ました。
参加された生徒さんも大満足のようで私も一安心、私自身も「人に釣りを教える」ことの難しさを大いに学び、スクールを無事閉校するのことができました。
スタッフの皆さん、スクールに参加された生徒さん、大変お世話になりありがとうございました。


つづく・・・!?
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-28 22:38 | 2007釣行記

お気に入りフライ-グリフィスナット(withインディゲーター)

お気に入りのフライ紹介も第5回目となる今回は、「グリフィスナット(withインディゲーター)」の紹介です。
言わずと知れたこのパターン、一般的にはミッジアダルトパターンとして使われていますが、私の場合、非常に目が悪いためエアロドライウィングもしくはアユ用目印をインディゲーターとして取り付けて視認性を高めています。

d0112258_21162112.jpg

当然のことながら、明らかにミッジを捕食していると思われるライズフィッシング等に使用するわけですが、そのほかにミッジサイズの不特定多数の何かをイメージするバリアントパターンとしても有効です。
それは先日の小菅釣行でも顕著に出ました。
ようやくキャッチできたニジのストマックのほとんどは#28前後のミッジでしたが、このグリフィスナットを結んだ時の反応は格別なものでした。
おそらくクラスターとしてフライを咥えてくれたものとは思いつつも、釣れてくれた原因!?は定かではなく、このフライの持つ魔力が功を奏したかもしれません。
時にはインディゲーターはもちろん、ハックルをカットするなどすることで絶大な威力を発揮する信頼できるパターンとして、私のフライボックスからは欠かせない存在となっています。

さあ、いよいよ明日はファグススクールです。
どうやら台風20号による影響もさほどなさそうなのでとても楽しみです。
果たしてこのグリフィスナットの出番はあるのでしょうか!?

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-27 21:24 | FLYTYING

おニューデジカメ

今日ついにおニューのデジカメ、ペンタックスオプティオW30が我が家に届きました。

コレまでに当ブログでご紹介してきた写真は以前にもエントリーしたオプティオWシリーズの初期モデルで撮影されたもですが、そのスペックは現在のモデルから比べると乏しいものでありました。

某巨匠からもデジカメのバージョンアップを進められ購入時期を見据えてまいりましたが、ようやくのことでその機会を迎えることが出来ましたので、もっと良い写真を撮ってより良いブログエントリーに心がける所存でございます。

ただカラーが私の性格・風貌とは全くもって似合わないピンク色ですが、サスガに低価格には勝てずガマンすることにしました。

d0112258_21365729.jpg

ところがこのピンク色が”アダ”になり、私の家内がこのデジカメにミョ~に"ライズ”してきます。
考えてみれば、家内のピンク色好きは以前にもご案内したとおりですが、「パパは今までの黒いカメラ使うんでしょ?」とか「釣り行く時は私のピンクのカメラ貸してあげるよ」とか「デコレーションしちゃおっかなぁ~」とか、あたかもおニューのカメラが”自分のモノ”かのようにプレッシャー?をかけてきます。
まぁ~確かに私と家内の共有するカメラには違いありませんけど・・・(笑)。

はたして私は家内のライズをかいくぐってお古のカメラからおニューのカメラにハッチすることができるのでしょうか(汗)?

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-24 22:02 | 話題

サイト VS ライズ

今日も家内と小菅冬季釣り場です。

d0112258_22192326.jpg
ウチの家内、先週のサイトフィッシングがよほど気に入ったのか、始終大物にターゲットを絞り込みひたすらニンフを鼻先に流し込みます。
すると必ずといっていいほど大物をフックアップさせます。・・・・がっ!
痛恨のバラシを連発しバラシた大物は数知れず、結局キャッチできたのは40半ば1本のみであえなく撃沈しました(笑)。
ところがっ!サイズこそは小さい?ながらも、この後の家内の爆釣ぶりったら凄まじいものでした。
女性日釣り券¥400-、1匹単価10円しないでしょうか・・・。恐ろしいものです。



d0112258_20461113.jpg
今日は気温も上がりかなり渓魚の活性もよく、昼近くにはライズもチラホラ見られるようになって来ました。
そんなことで私はというと、ライズフィッシングで楽しむことにします。

ただライズは見られるもののハッチの主は極小のミッジです。
ドリフトもさることながら、フライセレクトには結構気を使いました。
#24サイズではスプークの連続で、最終兵器#32の出番です。


d0112258_222008.jpg
ようやくのことで小さいながらも2枚目写真のライズの主をしとめることが出来ました。
ビッグワンをキャッチするのもいいですが、難しいライズをしとめるのもまた楽しいものですなっ!

昼過ぎにはメイフライのハッチも見られ、ライズも盛んになり#20前後のドライフライで楽しむことが出来ました。
いや~禁漁期にドライの釣り、こんな贅沢あっていいものですかなぁ~!?


さて来週の日曜日10/28は丹沢ホームでファグスクレナータ初心者スクールが開催され、私ども夫婦もスタッフ!?として出没させていただく予定です。
多数の皆様の参加をお待ちしております!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-21 22:20 | 2007釣行記

爪あと未だに・・・

ココのところ忙しくて、夜勤明け・当直明けでも休みが取れずにいましたが、久々に今日は当直明けで午後休暇を取得しました。
「イッチョ小菅の冬季!」も考えたのですが、サスガに睡眠不足で車の運転に自信が無いことから、今日はおとなしく多摩川でカープフィッシングです。

d0112258_211298.jpg
今日は久々に稲城ポイントへ向かいましたが、ポイントに着くなり唖然としました。
普段ブリーダー達や親子連れでにぎわう緑地帯・用水路の橋・護岸の一部も土砂で埋もれています。
一番驚いたのは、護岸の一部が崩壊し立ち入り禁止状態になっていたことです。

確認したわけではないのですが、まず間違いなく台風9号の仕業です。
災害から約2ヶ月が経とうとする今でもこのような光景が見られるとは・・・。
自然の偉大さを思い知らされました。


d0112258_21122423.jpg
それはそうと、せっかく来たのですから釣りを開始します。
ところが、強風まで行かないまでも始終風は吹き止まず、水面が波立ちチャムしたパンが安定して流れません。
当然のことながら魚の反応も鈍く厳しい釣りを強いられましたが、風が止んだほんのひと時のチャンスをモノにすることが出来ました。

写真では小さく見えますが70クラスです。
久々の大物の手ごたえを感じることが出来ました。
これからのシーズン、カープフィッシングに”どっぷり”ハマッてしまいそうです!

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-19 21:14 | カープフィッシング

もしかして・・・

d0112258_21321496.jpg

先日、小菅釣行後の写真を整理していた時に気がついたのですが、もしかしたら先週先々週にキャッチしたニジは同じ個体かもしれません。

よく見ると背びれと尾びれの欠け具合、斑点のつき具合、顔つきが非常に似ています。

もしそうだとしたら、私なんかに2回も釣られてくれた”お人よし”ならぬ”お魚(うお)よし”さんかもしれません。(笑)

サスガに今週末、3回目は釣れてくれないとは思うのですが・・・。

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-17 21:42 | 話題

夫婦でサイト

d0112258_21432030.jpg
先日に引き続き今日も小菅の冬季釣り場に出没させていただきましたが、今日は家内が同行です。
実はウチの家内、小菅冬季釣り場は昨年デビューしたわけなのですが、そのデビュー神話は凄まじいものでした。
ナニがすごいって、サイトフィッシングがほぼ初めてだったにもかかわらず、チョット手ほどきをしただけで私でも難しいと思われる複雑な流れで見事に50クラス2本をキャッチしてくれたのです。(mixiIDをお持ちの方はコチラ


d0112258_21434686.jpg
そんな家内ですが、早速流芯に定位していた50弱レインボーにターゲットを絞り込んだようです。
ところが比較的イージーな流れかと思いきや手前の巻き返しがフライのスムーズな沈下を妨げ、なかなか思うようにレインボーの鼻先へフライを送り込ませることが出来ません。

「立ち位置を少し上流に変えてみな。」
私のこの一声で見事にフライがターゲットの鼻先に流れ込みドンピシャ!です。
サイズこそは50には満たない個体でしたが、家内ながらアッパレ!です。



d0112258_2144730.jpg

続いては私の出番です。


先ほど家内がキャッチした個体よりはるかに大きなヒレもほぼカンペキなレインボー。



d0112258_21442616.jpg
ま、当然の結果ですな!ジャスト50。

「ココで結果を出さニャぁ男が廃るってモンでェ~!べらんめェ~!」
なぁ~んて言っている余裕も無く、実は釣れてくれてホッと胸をなでおろした所であります(笑)。

その後はサイトで40クラスを数本追加したところで、ライズが見られるようになってきました。
サイズは小さいながらもドライフライでそれなりに楽しむことができました。


d0112258_21444181.jpg

帰りの道中でいただいたラーメンのおいしかったこと!

このラーメンを堪能しながら今日の釣行を振り返るのでした。

ママ、今日はご苦労さんでした!
また一緒に行こうな!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-14 21:58 | 2007釣行記

2007釣行を振り返る

オフシーズンに入り約2週間が経ちますが、皆さんもうそろそろウズウズしてきてしまっているのではないでしょうか?
そうなっている方々はもう完全にビョーキの症状が現れていますので、早めの治療をお勧めいたします(笑)。

d0112258_20351966.jpg

そんな冗談はおいといて、つい最近カーナビが普及したこの時代に「いまさら!?」なんて思われるかも知れませんが、某均一ショップにて山梨県の道路地図を購入いたしました。。

今年は山梨年券を購入したこともあり、毎週のごとく山梨の渓にで向き、場合によっては日に4漁協も渡り歩いたこともありました。

この地図、県内を流れる河川の枝くらいまでは記載されていますので、入渓したところが不発であればこの地図で近場の渓を探し当てることができ、またまたそれなり等高線も記載されていますので谷の深さ・入渓の難易度もある程度は読み取れます。
当然のことながら事前に各渓の情報を調べて地図に書き込んでおく必要はあるわけですが・・・・。

来年度以降この地図を使って爆釣すること受けあい無し!

・・・だといいのですが・・・。
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-13 21:13 | 話題

目先を変えてみると。。。

d0112258_2119341.jpg


フィーディングレーン & 流下物。

d0112258_21201173.jpg


(バルジング)ライズ。

d0112258_21203386.jpg


ストマック。


私達が渓魚を見る目 ≒ 回転寿司経営者が私達を見る目(笑)。
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-11 21:25 | 話題