<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

プチ遠征2日目-またしても

d0112258_20491433.jpg今日はyamame-pagesさんと伊南川水系の釣行です。
どうやら先週末から急激に気温が下がり活性は低そうですが,まずはC&RのT川に入渓します。
入渓後10分もしないうちに7寸程度がバイトしましたが、運悪くよそ見をしていたのでフッキングが浅かったのかバラシてしまいました。



d0112258_2049386.jpg

「調子いいかも?」なんて思いつつドンドン釣り上がって行きますが、”てんで”反応がなく反応があったとしても10cmにも満たない稚魚ばかりです。

「こりゃだめか?」なんて思いつつ場所移動を考えたその時!
かろうじてキャッチできた8寸弱ヤマメ。
水深50cmくらいのチャラ瀬川底から3回目のトレースでフライを咥えてくれました。

10時を回ったところで見切りをつけ、同じくC&RのH川へ移動します。


d0112258_20501028.jpg

ところが到着とともに冷たい雨が降り始め、更に取水により渇水気味で渓魚が釣れそうな雰囲気がありませんが、せっかくココまで来たのですからとりあえず釣りを再開させます。
水量が少ない事もあり細かいポイントを丁寧にトレースした結果、小さいながらも反応が見られます。
先行するyamame-pagesさんの竿抜けを丹念に狙った結果、数尾のイワナをキャッチすることが出来ました。

ただ冷たい雨が降り続き、いっこうに止む様子がありません。
解禁最終日ではありましたが、残念な事に著しい体温の低下と体力の消費でやむなく14時を回った辺りで格竿することになりました。


d0112258_20502688.jpg
今日は渓流シーズン最終日。今シーズンの釣行を振り返りながらの私が運転する帰路途中で事件は起きました!
下りのカーブに差し掛かったところで「チョットカーブがきついな・・・。」と思いブレーキングをしたところ、なんと思わぬところでリアタイヤが滑り始め、逆ハンをきるも車は大きく回転しよう壁に体当たり!
幸いにして怪我もなく自走も可能な程度でしたが、昨日に引き続き2度の車両事故です。

「2度あることは3度ある・・・。」
はたして残りの釣行は無事終了する事が出来るのでしょうか!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-30 20:53 | 2007釣行記

プチ遠征1日目-すったもんだ

d0112258_21534813.jpg
今年(から?)は仕事の都合で9月恒例の東北釣行はおあずけだったのですが、先日ようやく仕事の重圧から解放され何とか休みを取る事が出来ました。
そんなことで今年を締めくくるべく、「プチ遠征」を決行する事になりました。
家内との釣行は7月の北海道以来ですが、久しぶりの夫婦水入らず釣行に胸が高まり、福島県は大倉川を目指します。


d0112258_21541615.jpg

ところが!渓を目の前にして事件が発生しました!
入渓地点を探しながら未舗装の林道を走っていたところ、路面の岩で車体の底面をこすってしまいシャフトプロペラ?が変形してしまいました。
おかげでシャフトプロペラ?が車体と干渉し、車内にはけたたましい騒音が鳴り響きます。

「これからのプチ遠征を経て無事に東京まで帰れるのだろうか?」
ココはいったん釣りを中止し整備場へ向かいます。


d0112258_21542947.jpg

整備場でとりあえずの走行には問題ない程度の手直しをしてもらい再び大倉川を目指したところ、
ようやくの事で入渓できたのは夕方17時。
退渓の事を考えると山奥には入れず、今年開設されたルアー・フライ専用エリアに入渓します。
正味1時間程度の釣りではありましたが、かろうじて数尾のイワナをキャッチすることが出来ました。

そんなことですったもんだのプチ遠征1日目、明日以降引きずらなければいいのですが・・・。

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-29 22:00 | 2007釣行記

秋季「初心者の為のフライフィッシング・スクール」開催のお知らせ

d0112258_23452329.jpg
来月10月28日(日)に丹沢ホームフライフィッシングエリアにおいて、ファグスクレナータ「初心者の為のフライフィッシング・スクール」が開催されます。
春季スクール同様、私は家内ともどもスタッフ!?として参加させていただく予定です。


d0112258_23465071.jpg

写真はスクール開催前に様子見実釣の際キャッチできた40イワナです。
運がよければ写真のようなイワナとの出会いもあるかもしれません。

参加費は無料です。

多数の方々の参加をお待ちしております!

※ただし遊魚料として会員3,000円、一般4,000円、 小学生2,000円が必要となります。
 詳しくはコチラをご覧下さい 


[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-26 23:39 | 話題

山梨ラスト釣行

おそらく今日は、今シーズンを閉め括るべく山梨釣行最終日です。


d0112258_22472632.jpg

最終日は忍野と決めているので例年通り足を運ばせますが、前回なかなか調子の良かったM川に寄り道です。
どうやら台風の影響は納まったようですが、シトシトと雨が降りしきる中、今日は急激に気温が低下し活性が鈍そうです。

ズバリ!予感は的中、全くもって反応がありません。
前回は小さいながらも各ポイントに必ず渓魚がついていたのにもかかわらず、今日は魚影を確認したのはわずか2回だけ、しかもおチビです。


d0112258_22474842.jpg

ココは早々に切り上げ、忍野へ移動します。

ただ昨年までは、川底に潜むモンスターや悩ましげなライズを繰り返す尺ヤマメが多く見られましたがここ最近、忍野で「アイツ絶対釣ってやる!」と思わせるような渓魚が見当たりません。


d0112258_2248891.jpg

そんな矢先、久々に釣欲にかられた50オーバーのイワナを発見しました。
慎重にポジショニングし、鼻先にニンフフライを送り込みますが、反応がありません。

ここは思い切って「石垣スペシャル」を送り込んだところ、見事フッキング!

ところがっ!
すさまじいファイトの末、痛恨のバラシでキャッチならずでした。


d0112258_22483677.jpg

結局その後もターゲットに絞り込む渓魚が見つからず、適当に40クラスのニジと遊んで今シーズンラスト?の山梨釣行に幕を閉じるのでありました。

う~ん、最後の最後で中途半端な釣果、来シーズンに向けて多くの課題を残してしまいました。
まだまだ修行が足りませんなぁ~!

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-24 22:58 | 2007釣行記

フライラインとたたみイワシとマーカスミラー

今日は先日購入したフライラインのリーリングです。
中小渓流メインの私にとって、使用するフライラインはダブルテーパーハーフカット&15yrd程度のレベルラインと組み合わせています。

d0112258_20425092.jpg

ジャジーなBGMを聞きながらリーリングを行えば、退屈な作業も”あっ”という間に終わってしまいます。
ちなみに今日のBGMは、マーカスミラーの「silver rain」。
彼の”凄テク”にはド肝を抜かされること受けあいなしなので、是非一度聴いてみてください!


d0112258_20423056.jpg

あと、リーリング作業中に酒の肴は欠かせません。
今日は”たたみイワシ”をかぶりつきながら日本酒をチョビチョビ。

さ~いよいよ禁漁まであと1週間。
明日はどこの渓に出かけますかなぁ~!?

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-23 20:43 | 話題

私的リーダー論

先日の本谷スクールでスラックキャストに関する問い合わせをいくつかいただきましたので、今回は私のリーダーシステムについて述べたいと思います。

私のリーダーシステムは基本が16ft、いわゆるロングリーダーシステムです。
私は極端に「目が悪い」ため渓魚を見つけることが困難なのでブラインドの釣りがメインとなるわけですが、より長い距離をナチュラルドリフトさせることで渓魚に出会う確率が高まると考えています。

私の使用するタックル・キャスティング癖を踏まえたうえで、4X12ft前後の市販テーパーリーダーを5~7ftにカットしたものに4~7Xのテイペットを継ぎ足し16ftのロングリーダーを作り上げます。
当然、使用するロッドの長さやフライサイズ・パターンによってリーダー長を変更しますが、扱いづらくなる理由から16ftより長くすることはほとんどありません。


d0112258_23183520.jpg


ちなみにどんな場合においても7Xより細いテイペットを使うことはありません。
フライ先行のドリフトを確実に行うことにより、テイペットの太さ(影)は影響しないと考えかつ、不要な合わせ切れを防ぐことで渓魚の口にフックを残さないようにするためです。

当然のことながらストレートラインキャストでプレゼントしてすぐドラッグがかかってしまってはロングリーダーを使う意味がなく、スラック(U字)キャストが重要になります。
流芯・流芯脇・流れ出し・肩・巻き返し・etc・・・プレゼントする流れによってキャスト方法やループの幅を使い分け、いかに速い流れにライン・ティペットを乗せないようにするのかが最大のポイントですが、こればっかりは練習するしかありません。

参考程度に先日の本谷ではリーダー長は10ftがメインでした。
フライサイズが大きかったという理由もありましたが、ショートリーダーの釣りの難しさも7月の北海道釣行で学んだこともあり、最近では徐々にリーダー長を短くしドリフトテクニックを磨いているところであります!

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-20 23:24 | 私的ホニャララ論

爪あと、未だに・・・。

d0112258_21284736.jpg
今日は”ひょん”なことから仕事がなくなってしまい、急遽小菅に向かうことにしました。
小菅に向かう途中、軽くK川を覗いてみますが、台風9号の影響で濁りはとれつつあるものの、大増水で釣りになりそうもありません。
”ダメもと”で瀬を叩いてはみましたが案の定無反応だったので、ココはさっさと見切りをつけ小菅に移動します。



d0112258_2129788.jpg
小菅に到着し谷底を覗き込むと、どうやら濁りはとれてなんとか釣りにはなりそうです。


が、実際に入渓してみるとかなりの水量で所々遡行は困難を極めました。
とはいっても昨日の本谷の状況を考えると「何とかなるだろ!」と、ゆるい流れ・巻き返しを丹念に狙いますが・・・。



d0112258_21292213.jpg
全くもって反応がありません!

色々とポイントを移動し探ってはみますが、増水の影響か反応が全くありません。
ちなみにC&Rエリアの採石場付近は、河川工事の影響で濁りが入り釣りどころではありませんでした。



d0112258_21294048.jpg
結局たどり着いたのは「小菅トラウトガーデン」。
2週連チャンです(苦笑)。

まっ、昨日の疲れを癒す意味ではのんびり管釣りで正解だったかもしれませんね。


それにしても台風9号の影響、計り知れませんなぁ~。

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-17 21:31 | 2007釣行記

濁りの中の本谷毛ばり釣り専用区

d0112258_08575.jpg

今日は辛くも仕事を逃れることが出来たので、とても楽しみにしていた本谷毛ばり釣り専用区で開催された老眼天空本舗主催『佐藤成史秋季FFスクールIN神流川』に参加してきました。
イベントは昨日から開催されていましたが、残念ながら仕事の都合で2日目からの参加となります。


d0112258_082556.jpg

台風9号の影響で濁りはとれておらず厳しい釣りが強いられそうですが、ナニはともあれどこの渓に出かけても同じようなもの、釣果はともかく釣りそのものを楽しむことにしました。


d0112258_083769.jpg



これほどの濁りの中、釣果は上がるのかと不安になりましたが、その不安は一気に吹き飛びます。
#8サイズのドライフライで思った以上の反応が得られ、サイズはそこそこながらも、それなりに釣りを楽しむことが出来ました。


d0112258_0854100.jpg

8寸5分のピンシャンヤマメ。
この渓で育ったネイティブでしょうか?



主催者のクラさんを始めriverwalkersさん練馬の住人さん、大変お世話になりました。
またどこかの渓でお会いしましょう!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-16 23:58 | 2007釣行記

お気に入りフライ-ブラッシー

約5ヶ月ぶりのフライパターン紹介です。
釣りばっかり行ってて、すっかり忘れておりました(笑)。

d0112258_15535562.jpg
そんなことで第4回目となる今回は、「ブラッシー」の紹介です。
言わずと知れたこのパターン、一般的にはミッジピューパとして使われるようですが、私にとっては不特定多数の「ナニか」をイメージするバリアントパターンとして重宝しており、特にサイトフィッシングにおいては欠かすことの出来ないフライパターンの一つです。

先日の小菅忍野などでビッグワンを見事フッキングさせたのは、ナニを隠そうこのパターンなのです。
当然のことながら水深があるポイントでしたので、フライは目視できず、渓魚の動きにあわせる”かたち”にはなる訳ですが・・・。

それと、ご存知の通り?釣りばかりに行ってタイイングにかける時間が希少な私にとって、量産できることも魅力の一つです。
リビングするワイヤーの量やマテリアルを変え、捕食ステージやハッチ状況を想像しながらタイイングするのも面白いものです。


ま、もっとも妄想ばかり膨らませて全く釣果に結びつかないのが私の釣りパターンでもあるわけですが・・・(苦笑)。

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-15 15:55 | FLYTYING

9月恒例の東北釣行。。。.その行方

d0112258_21293364.jpg

先週の台風9号が明けてから雨続きです。
写真は今日の帰宅途中の様子ですが、日照時間も短くなり始めだいぶ秋らしくなったような気がします。
朝晩の気温が下がっておりますので、体調管理には充分ご留意くださいませ。



d0112258_21343828.jpg

渓も禁漁をあと数週間に控えたところで、我が家では毎年この時期1週間くらいかけて東北に遠征しております。
例年のごとく東北釣行では家内に軍配が上がるわけですが、中でも一昨年前の秋田の渓では、私が見つけたライズを家内に狙わせ、見事尺モノをキャッチしたことは、記憶に新しい?ところであります。

そんなことで今年もどこの渓に向かおうかと、色々と情報をかき集めて楽しみが止みません。
特に今年は3連休が2週続きますので、うまくすれば10連休になるはずなのですが・・・。


。。。残念なことに今年(から)は、仕事の都合で東北釣行には行けそうにありません。
来週から月末に向けて仕事のピークを迎えるために、今週末開催されるイベント参加も断念せざるを得ない状況です。

仕事とは言え、残念で仕方ありません。
何とかして家内との釣行予定を検討しているところであります・・・(涙)。
7人の小人でもいてくれないものですかなぁ~。
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-12 21:35 | 話題