<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

まさかの2連チャン

今日は土曜日出番の代休で、平日という事もありK川に向かいました。
どんよりとした雲空の下、まずは本流を攻めることに・・・。
が、今日は一気に気温が低下し、活性が鈍いようです。
いつも見られるライズポイントも、静まり返ったままです。

d0112258_22351590.jpg
9:00を回った辺りで突然の雷雨に見舞われるハメに。
激しい雨に打たれながらも、おチビレインボーを数本キャッチしましたが、雷がひどくなってきたので、落雷の被害にあってはシャレになりません。
ひとまず退散します。
するとどうでしょう!あれよあれよという間に渓は増水し濁りが入ってくるではないですか

コレでは釣りになりません。
ココはひとまず天候の影響を受けにくい忍野へ逃げることに・・・・。!



d0112258_22352917.jpg
忍野へ到着するや否や愕然としました。
あまり濁りの入らない忍野ですら、ドチャ濁りで全くもって釣りになりません。

「コレがあの忍野か!」と目を疑いたくなるほどの濁りようです。
しばらく悩んだ挙句、ココは思い切って「基本的には濁らないよ」と聞かされた小菅川へ大移動です。

わずかな期待に胸を弾ませながらも、一応小菅に行き途中、K川支流を覗いてみましたが、テンでお話になりません。!



d0112258_2236456.jpg
小菅に到着しました!
渓にコーヒー牛乳が流れています!

もう、ココまで来るとホントにお手上げ状態です。
昨日に引き続き、全くもってツイていません!

ただ、せっかくの休日にココまで来たのですから、おめおめと引き下がるわけにもいきません。!




d0112258_2236316.jpg



こんな状況下での渾身の一尾です!!



   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓


d0112258_2237166.jpg
結局たどりづいたのは王禅寺
写真のニジは王禅寺でキャッチしたものなのであしからず・・・(笑)。

結局小菅での落胆がぬぐいされず、ココまでやってきました!
ココは年中濁っていますが(笑)、釣りには差し支えありません。

ローテーションすることなく、同じフライ一つで数え切れない位のニジが遊んでくれました。

しかし渓をさまようこと一般道で約200km、いったいナニをやってるんですかねぇ~?!

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-07-30 22:51 | 2007釣行記

「ボ」でした・・・

今日は当直明けでほとんど睡眠をとっていないため、遠出は出来ません。
午後から多摩川へ行く予定でしたがっ!!
何と正午を回った辺りから激しい雷雨に見舞われてしまいました。

とはいってもせっかくの休日ですから、15:00を過ぎた頃には雨も上がったので、何かに導かれるように多摩川へ向かいました。

d0112258_2213536.jpg
案の定、川は増水&ドチャ濁りで釣りどころではありません。
しかしこんなことは家を出る前に調べた結果で分かりきっていたこと。
ただ、釣りバ○であるがゆえにわずかな期待に胸を膨らませ、愛車ハーレー(実は原チャリ)を走らせたのでした。


d0112258_22132041.jpg
そんなことで今日は竿をセットせずとも格竿し、当然のことながら「ボ」と相成りました。
すると、釣りが出来ず落胆していた私の前に子猫ちゃんが突然現れ一言。

「ニャ~」

釣りは出来ずとも、ほほえましい光景に満足し帰宅の途に着くのでありました。


d0112258_22134348.jpg
家に着くとなにやら封筒が届いていました。
ランディングネットビルダー、manpaintさんからです。
封を切って中を覗いてみると・・・、何と!箸置きです。
何でも先日の家内の料理のエントリーを見て、わざわざ作ってくれたようです。

とりあえず写真撮影のために、箸の代わりにバンブーロッドなんぞ添えてみました。


manさん、激シブ箸置き、まことにありがとうございました。
家内も大喜びです!
大切に使わせていただきます!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-07-29 22:19 | カープフィッシング

サマースタイル

今年は猛暑と予想されながらも朝晩がだいぶ冷え込んでおりました。
知人の何人かは風邪をひいたり、ノドをやられたりと大変なようです。
どうぞ皆様も体調管理には充分ご注意くださいませ。


ただ7月ももう後半、梅雨明けと共にココのところだいぶ暑くなってまいりました。
サスガに日中は暑くて釣りにならない状況もあるのではないでしょうか?
私なんかは暑がりなので、この時期フライベストは汗でビチョビチョ、翌週には程よく塩分が醗酵され、ほのかなスメルが漂う始末であります。


d0112258_21405575.jpg
そんなことで先日からサマースタイルに切り替えました!
ドライTシャツ&シャツ、ドライパンツ、チェストバックにウェットゲーターの組み合わせでございます。

このスタイルで渓に立ち込むと、チョー気持ち良いッス。
雨が降ってもレインウェアは着用しません。
時にはチェストバックを脱ぎ捨て童心に返り渓を泳いでしまうことも!




どうぞ皆さんもお試しアレ!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-07-26 21:48 | 話題

1年ぶりの渓...再び

d0112258_238068.jpg

今日は先日下見をした山梨県は芦川へ行ってきました。
晴天に恵まれた渓を釣り上がりますが、台風の影響で増水していたため、不安がよぎります。


d0112258_23105393.jpg

流れのゆるい部分を丹念に探っていったところ、そんな不安は一気に解消されサイズはそこそこながらも、綺麗なアマゴが遊んでくれました。


d0112258_2381518.jpg

反応はすこぶる良好で、今日は一日通して#16クイルボディーパラシュートのみ。
ただバラシを連発しその数2ケタ、結局釣果は片手で数えられる程度となってしまいました。


d0112258_2384865.jpg

そんな不調の私に気付いたのか、家内が豪華な手料理で出迎えてくれました。

う~ん、人生やっぱり甘くありませんなぁ~!

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-07-22 23:16 | 2007釣行記

3度目の正直

d0112258_23174851.jpg
どうやら台風4号も関東から遠ざかったようです。
幸い職場に呼び出されることも無く、なんとか無事に乗り越えることができました。

そんなことで今日は3連休の最終日、天気もなんとかもちそうな予報なので一路山梨方面に向かいました。
が、やはり台風の影響で、渓は濁り・増水で釣りにはなりそうもありません。
こんなことは最初からわかってはいましたが、釣り人としての悲しい性、どうしても足が渓へ向かってしまうのです。


d0112258_23181039.jpg
とは言ってもせっかく家を出て来たのですから、釣りをしないわけにはいきません。
そんな訳で、天候の影響を受けにくい忍野へ行ってまいりました。
渓に着くとサスガの忍野も多少濁っていますが、何とか釣りにはなりそうです。
金田一橋上流部にてライズを発見したので狙ったところ、数尾のヤマメが遊んでくれました。

午前中のライズの釣りを一通り満喫した後、午後は大物狙いの釣りに切り替えます。


d0112258_23184494.jpg
けっこう難しい流れの川底に定位していましたが、鼻先にフライが流れると一発で咥えてくれた、ちょうど50cmレインボー。
どうにかこうにか、先日のリベンジを果たすことが出来ました。


d0112258_2319345.jpg

重い忍野の流れで育った尾びれ、力強さを感じます。


今回の雨で渇水気味だった渓もだいぶ潤ったようです。
また来週以降、新たな渓に出会えると思うと、今からとても楽しみでなりませんな~!

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-07-16 23:21 | 2007釣行記

あわや大惨事

とある昔、多摩川にコイ狙いに行ってきたときのことでした。
川に到着するなりスコールのような雨が降りしきりました。
ひとまず待機し小降りになったところで用水路下流部に立ち込み釣りを開始することに・・・。

d0112258_22502079.jpg
しばらくすると胸騒ぎと共に川の波音が大きくなって聞こえてきました。
「何だろう?」と思ってふと足元を見ると・・・何と、水位が徐々に増えているではないですか!
「コレはひとまず退散!」と急いで川をあがったところ、その十数秒後にはあっという間に1mほど水位が上昇していました(汗)。

逃げ遅れていたらどうなっていたことでしょうか?
今考えるとゾッとします。


d0112258_22513913.jpg
こちらは平水時の状況です。
矢印を示した建物は撮影時季・角度こそは違うものの、同一の建物です。
この静かな流れがどれだけ濁流と化したかお分かりいただけるでしょうか?

台風が近づいているようです。
この連休中に渓に立たれる方はどうぞ、充分お気を付け下さいませ。
いつ何時自然の猛威が現れるか分かりませんから・・・。


d0112258_2252551.jpg
せっかくの3連休ですが、台風の影響でまず釣りはダメでしょうな。

ところで今日、昔を思い出してHR/HMバンドのベストアルバムを買いあさりました。
そんなことで明日は購入したCDを聞きながらフライタイイングでもしようと思います。
あ、もちろんタイイングのテンポは16ビートっス!

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-07-14 22:58 | カープフィッシング

2007北海道釣行を振り返る

北海道釣行から約1週間が過ぎようとしています。
釣行中は携帯電話でのエントリーであったために、必要最小限の内容となってしまいましたので、
ここでは未だ興奮冷めやまぬ北海道釣行の様子をご紹介したいと思います。

d0112258_20212244.jpg
6/30の初日、函館空港に到着するとアングラーズハットの面々、riverwalkersさんが出迎えてくれました。
Yくんさん、noriさんとも1年ぶりの再会となりますが、お元気そうで何よりです。
簡単に挨拶を交わし、初日はnoriさんのガイドで空港からT川へ直行します。

2007北海道釣行、記念すべきファーストキャストでいきなりファーストヒット!
noriさんの的確なアドバイスが功を奏しました。


d0112258_20281912.jpg
続いて私が先行したところで、40オーバーのライズを発見しました!
慎重に時を待ちますが、どうやらクルージングしているライズの模様でご対面はお預けとなりました。






この日1番の大物、34cmブラウンの見事なムナビレです。
明日以降、更なる大物との出会いに期待に胸を膨らませます。

この日は参加メンバーで大宴会です。
楽しい宴のためか、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。


d0112258_20323743.jpg
7/1の2日目以降は、アングラーズハットを拠点に各方面に分散します。
私はriverwalkersさんとS川へ向かいました。


d0112258_2036472.jpg
別働の家内は、ayaさん、yochanさんに同行させていただきました。

昼食後の一コマ。
すばらしい青空です。
釣欲から解き放たれ、寝っ転がって北の大地を満喫したようです。


d0112258_20421894.jpg
かくいう私は、道南名物「ハセスト(ハセガワストア)」の焼き鳥弁当で気合を入れますが、どうやら気合は空回りのようです。
RWさんと交互に釣り上がりますが、私がトラブっているトころでRWさんが先行すると、良型があがります。

釣りばかり行って家内孝行をしない私の普段の行いが悪いのか、はたまたRWさんにイワナの神様が宿っているのか、結局私は良型をキャッチすることが出来ませんでした。


d0112258_20475543.jpg
7/2の3日目は私とRWさん、Yくんさんと女性陣二手に分かれてH川に向かいます。
その途中、ふと川の様子を見てみると、面白いモノを見つけ皆で覗き込みます。
同じポイントにアメマス、ヤマメ、イワナ、アユが見られその生態系に驚きが隠せませんでした。





ようやく私にも33cmの良型が出迎えてくれました。
デップリ太ったダイナマイトボディーに魅了され、良型との出会いにひとまずは安心しました。



d0112258_20532398.jpg
昨日に引き続き、RWさんと交互に釣り上がったところ、すこぶる反応は良好です。
そんな中、RWさんに38cmの良型が上がりました。
またしても私がトラブっている最中の出来事です。

やっぱり私の日ごろの行いなのでしょうか・・・(涙)。

いずれにしても数釣りは満喫できました。
しかし泣き尺を写真も撮らずにリリース、普段の釣りならこんな贅沢ありえません!



d0112258_20571797.jpg
気になる女性陣はというと、バラシやらナニやらを連発したようで・・・。
それなりに楽しめたようですが、中でもayaさんが33~4cmのアメマスをキャッチしたようで。
サスガ!の一言です。



d0112258_21688.jpg
この日は皆で「しんわの湯」で疲れを癒します。

函館と言えばやっぱり「イカ」ですね。
お店に入る手前の生簀で泳いでいた「イカ」、帰るときは1パイ減っていました。
ア~メン。



d0112258_2105171.jpg
実は夕べもそうでしたが夕食後、宿泊先のホテル内にある施設でボーリング対決です。
連日の釣りの疲れはどこに行ってしまったのでしょうか?

皆、釣り以上に気合入りまくりでした。
中でも20数年ぶりにボーリングをやる某お方、2ゲーム目は230点弱の大台を出すなど、大いに盛り上がりました。



d0112258_2183293.jpg
7/3の最終日、YくんさんのガイドでT川へ向かいます。
この日は1発大物狙い、釣れるか釣れないかの釣りで大いに緊張しました。

そんな中とりあえずキャッチできた42cm。
実は同じプールで50オーバーがライズしていますが、私のテクの無さでキャッチするには難しそうです。



d0112258_21124544.jpg
最終日、T川入渓前に様子見をします。
早速ライズを発見するなど、活性は高そうで、ビッグワンとの出会いに胸が高まりました。


先ほどの50オーバーをキャッチすべく、昼食にラーメンをすすりながらしばし作戦タイムです。
ここの味噌ラーメン、とにかく絶品でしばしの間、50オーバーに対する釣欲も忘れてしまうほどでした。



d0112258_21164981.jpg
先ほどのライズポイントに向かい、再びライズを発見しますが、私の未熟さに場を荒らしてしまいます。
アプローチの位置を変えるなど試みましたが、その大物は再び水面に姿を現すことはありませんでした・・・・。





いずれにしても来年に向けて多くの課題を残しましたが、とても充実した4日間を過ごすことが出来ました。
この4日間の思い出を振り返りつつ、帰宅の途につくのでありました。




riverwalkersさん、Yくんさん、noriさん、iwaiさん、yochanさん、ayaさん、andyご夫妻、
その節は大変お世話になりました。
そしてkeiさん、とても残念でしたが、また来年につなげましょう!
また来年、同じメンバーで北海道でお会いできることを期待します。
待ってろよ!ビッグブラウン!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-07-11 21:58 | 話題

ビッグスリーin小菅

今日は老眼天空本舗主催、小菅川で行われたミニ講習会に参加してきました。

d0112258_23591529.jpg
まずは「小菅フィッシングビレッジ」において、テンカラ名人の倉上氏による講習です。
私もフライロッドからテンカラ竿に持ち替えて、テンカラ釣法にチャレンジします。

う~ん、普段使い慣れているフライロッドとは勝手が違います。
どうしてもラインハンドである左手に違和感が残りますが、どうにかこうにか渓魚をキャッチすることが出来、午前中の講習を終了しました。


d0112258_23593154.jpg
午後からは会場を「小菅トラウトガーデン」に移し講習を再開し、まずはテンカラ名人、堀江渓愚氏によるデモンストレーションです。
さすがはテンカラ界のカリスマ、フライの私が「なるほど!」とうなるほど指導内容が的を得ています。

そうとくればわれらがフライ界のカリスマ、riverwalkers氏の出番です。
テンカラ師を相手に、懇切丁寧なフライの説明やデモンストレーションで受講者から感嘆の声が上がります。


d0112258_23594625.jpg
そんな各界の巨匠ビッグスリーが集った豪華な講習会も幕を閉じ、日の入りまでの時間をC&Rエリアで早速復習です。
中身の濃い講習が功を奏してか、40クラスのレインボーをキャッチすることが出来ました。

うん、まさに修行あるのみですなっ!



d0112258_00499.jpg


ん!?
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-07-07 23:59 | 2007釣行記

興奮冷めやらぬまま・・・

今日は北海道釣行の体力回復の為、休暇を取得していました。
午前中、ある程度の用事を済ませたところで北海道の思い出を振り返っていると、渓魚との出会いがよみがえり、いてもたってもいられません。

d0112258_2244427.jpg
ということで行ってまいりました、K川(笑)。
ただ今日は北海道で釣りを満喫したためにいつものように”がっつき”ません。
今日は釣れなくても構わず、ただなんとなく渓に立って竿を振っていたかったのです。
そんなスローな気持ちで北海道での思い出に浸りながら#8フライでポイントを流していきます。


「バッシャッ!」
単発のライズを発見しました。
「今日はスローな気分で・・・。」


「バッシャッ!」
「・・・・・」


「バッシャッ!」
「・・・・スイッチオン!」

d0112258_2245945.jpg
速攻でリーダーシステムとフライを交換し、ライズポイントめがけて#18パラダンを送り込みます。
数回のドリフトでドンピシャ!
7寸程度ではありましたが、K川らしいメタボなヤマメをキャッチすることが出来ました。



う~ん、冒頭のスローな気分はどこに行ってしまったのでしょう!?

も~い~くつ寝~ると~小菅川♪
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-07-04 22:09 | 2007釣行記

2007北海道釣行最終日-ビッグワンを求めて

北海道釣行最終日の今日は「Yくん」さんのガイドでビッグワンを求めてT川へ入渓します。
あらかじめYくんさんから「今日は”0か1”(釣れるか釣れないか)の釣りだよ。」と宣告され、極度の緊張状態で釣りに望みます。

d0112258_8434840.jpg
とあるポイントへ到着したところ、流れ出し付近でライズを発見しました。
これは明らかに大物、50オーバーは確実と思われるライズで、一気に張り詰めた空気がが走ります。
が、ヘッポコフライマンである私には、ライズポイントが射程距離にありません。
ミスキャストの連発で警戒信号を送ってしまい水面を静めてしまいました。

とりあえずは運良く手前でライズした中型42cmをキャッチすることが出来ましたが、狙いはコイツではありません。
ココはいったん昼食をとりポイントを休ませます。


d0112258_859262.jpg
1時間後、再び同じポイントを目指したところ、幸運なことに同じヤツが散発ながらもライズをしています。
ココは慎重にライズを狙ってキャストをしたいところですが・・・。
相も変わらずミスキャストを連発し、撃沈しました。(涙)

立ち位置も近すぎとのことで、本来であればあと5~6ヤード下がった位置が近寄れる限界だとか・・・。


最後の最後で大物との出会いはありませんでしたが、あっという間の4日間とても楽しい釣行をすることが出来ました。
近日中に今回の釣行記をダイジェスト版としてご紹介させていただきたいと思います。

riverwalkersさん、Yくんさん&奥さん、noriさん&奥さん、iwaiさん、そして同行した皆さん、本当にありがとうございました。
また来年、リベンジしたいものです。

そんなことであと1日休暇を取得しているので、家の用事を済ませたら来年のリベンジに向けて山梨方面に修行に行ってきま~す!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-07-03 23:59 | 2007釣行記