カテゴリ:2007釣行記( 68 )

2007年、今年もお世話になりました

早いもので残り数時間で今年も終わりを迎えようとしています。
さて今年の釣りを振り返ってみますと、様々な思い出はあるものの釣果そのものは例年のごとくイマイチでありました。

d0112258_20353119.jpg
ということで今年最後の悪あがき。
昨夜から釣行計画を企て天気予報をチェックしたところ、なんと目的地の午前中の予想気温は氷点下。
はっきし言って行くのを止めようかとも思ったのですが、ココは2007年を締めくくるべく気合を入れて小菅冬季釣り場へ行ってまいりました。

ところがっ!だ~れもいません!
この寒い中、のんきに釣りに来る”おバ○さん”はサスガにいらっしゃらないようです(笑)。

d0112258_20354710.jpg
貸しきり状態でウキウキしながらポイントを見てまわりますが、限られたポイントのみでしか魚影を確認することができません。

サスガにこの寒さではライズなんてあるわけもなく、とりあえずは見えている渓魚をサイトフィッシングで狙ったところ、型は小さいものの飽きのこない程度に遊んでくれました。

そんな中#18ビーズヘッドニンフを咥えたビッグワン。
どうにかこうにか今年を締めくくるべく、流れにゆらめく大きな魚影をサイトでしとめることが出来ました。

d0112258_203602.jpg
午後にはわずかなハッチとともに散発ながらライズが見られたのでドライフライに切り替えます。
とは言ってもホントに散発なライズのため、ドリフト・フライパターン・フライサイズ・捕食ステージ・etc・・・すべてが条件として整わない限りフライに対する反応を得ることは難しそうです。

そんな中うまい具合に条件がそろってくれたのか、いくつかの個体が反応してくれて真冬のドライフライフィッシングを楽しむことが出来ました。

d0112258_20361291.jpg
そんなことで今年も今日をもって釣行日数112日を数えることが出来ました。
しかしこんな私の”釣りバ○ぶり”を発揮できるのも、何を隠そう私を影ながら支えてきてくれた家内のおかげのほかありません。
今日も帰宅するや、しっかりとおいしい「年越しそば」を用意していてくれました。
そんな家内に最大の感謝の念を抱きつつ、来年に向けての意欲を駆り立てるのであります。

本年も皆様方には大変お世話になり、またとても楽しく釣行させていただくことが出来ました。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。
またどこかの渓でお会いできることを心より楽しみにしております。

来年もコレまで以上にパワーアップしたTAKA-Qizmをお楽しみに~!
[PR]
by TAKA-Qizm | 2007-12-31 20:47 | 2007釣行記

久しぶりにトラウトでも。。。

d0112258_19592959.jpg
今日は当直明けの午後休です。

当然午後休ともなればコイ釣りに出かけるわけですが、「今日は寒いし、最近14時をまわった頃にはコイのライズもなくなっちゃうし、チャムしたパンも喰わないし、ここのところコイ続きだし・・・。」ということで久しぶりにトラウトでも拝みに行こうかと王禅寺に足を運ばせることにしました。

釣り場に到着すると偶然にも釣友syatyouさんと遭遇し、しばしご一緒させていただくことに・・・。


d0112258_19594593.jpg
今日は気温が低いためか活性も低く厳しそうでしたが、15時前には極小ミッジのハッチによるライズが見られるようになったので今回はあえてアンチマッチザサイズ、クラスターパターンで遊んだところ反応は上々です。

そのほか#18フローティングミッジピューパをローテンションさせたドライオンリーの釣りで、型は小さいながらも久しぶりのトラウトの引きを楽しむことが出来ました。

syatyouさん、今日はお世話様でした。
また機会がありましたらご一緒しましょう!
[PR]
by TAKA-Qizm | 2007-12-26 20:08 | 2007釣行記

2007ラスト釣行(・・・たぶん)

d0112258_21184747.jpg
今日は老眼テンカラ講座も開催されるということもあって、うら丹沢渓流釣り場へ行ってまいりました。
イベントに参加された方々の中には顔見知りもいて、今年度の釣行について語らい大いに盛り上がります。
この寒い中でいただいた鍋焼きうどんのおいしかったこと。
クラさん、ごっちゃんでした!

d0112258_2119124.jpg
さて、肝心な釣りはというと・・・
この時期なものですからドライフライでの釣りはさすがに厳しいもので、ニンフによるサイトフィッシングがメインとなりました。
ふと見つけたチャラ瀬に定位していた40イワナ。
しつこく狙った末、ようやくフッキングしたかと思ったら!
岩の下に潜り込まれて痛恨のラインブレイクと相成りました。

d0112258_21191928.jpg

そんな中キャッチした尺上イワナ。
今日はこのサイズが5~6本あがり、まずまずの釣果を得ることが出来ました。


d0112258_21173482.jpg

ところで禁漁期に入り早2ヶ月が経ちました。
小菅冬季もパターン化されてきたし、だいぶ寒くなってきたし、あまり釣れなくなってきたし・・・。
ということで今年の渓流釣行も今日をもって最後!?にしようと思います。

ま、来週からは多摩川のカープフィッシングなので結果してオフシーズンを迎えるわけでもなくさらに、昨年末は12/31に小菅に出没したこともあるので今日が最後とは限らないのですが・・・。

いずれにしても、おバ○なワタクシでございますなぁ~!

[PR]
by TAKA-Qizm | 2007-12-09 21:26 | 2007釣行記

祝!PC復活!

PCが故障し1週間が経ちました。
先週3連休の金曜日に故障ならまだしも、日曜日の夜間に故障してしまったものですから平日勤めに出ているため復旧しようにも”なすすべ”がありません。
ようやく昨日PCは買い換えたものの、ネットワーク接続が出来ず仕舞いです。

これは「早急に何とかせにゃイカン!」ということで行ってまいりました、小菅川(笑)!
先週は家内にコテンパンにやられてしまったので、今日は気合十分です。

d0112258_22261251.jpg
渓を見て歩くと早速ターゲットを発見したのでニンフを鼻先に流し込みます。
やはり先週に引き続き口を使ってはくれませんが、丹念に何度もトレースしたところようやく咥えてくれ何とかキャッチすることができました。

フライの流れ方は大きくは変わっていないはずなのですが、渓魚の捕食トリガーに何かが不足していたのでしょうか?
う~ん、こうやって考えてみると”おく”が深いものです。

d0112258_22264583.jpg

昼を前にしたあたりで極少ミッジのハッチとともにライズが見られるようになってきたので、釣りのスタイルをサイトからライズフィッシングに切り替えます。


d0112258_22581278.jpg
やはりライズの主の捕食対象は極小のミッジです。

フックはTMC518の#30。
先週に引き続きこの手のフライで型は小さいながらも数釣りを楽しむことができました。

ただ、今日はPC復旧があるので14:00には格竿です。

で、帰宅後プロバイダーから復旧(接続)手順を教わり、ようやくネット接続が可能になりました。
まだ各種ソフト等インストールが済んでいないので使い勝手が悪いのですが、何とか最低限の仕事はできそうです。
そんなことで皆様、大変ご迷惑をおかけいたしました。
今後ともTAKA-Qizmをご愛好のほど、よろしくお願い申し上げま~す!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-12-02 23:03 | 2007釣行記

コテンパンでした

この日は家内と小菅冬季釣り場です。
d0112258_21572730.jpg
いつものように大物にターゲットを絞り込みニンフを鼻先に流し込みますが、全くもって口を使ってくれません。
そんな私を見ていた家内、「ちょっとやらせて。」とのことなので「俺が釣れね~んだから無理でしょっ!」と場所を譲ります。
するとどうでしょう!ものの数分で見事にキャッチしてくれました。

その後の家内の怒涛のラッシュ!この日はこんなのが3~4回も続いてしまい家内にコテンパンにやられてしまいました。

「ま、こんなこともたまにはあるだろ」なんて負け惜しみを言いながらも、昼過ぎにはミッジングでライズフィッシングが満喫できたので「ヨシ」とします(笑)。

しかしこの帰宅後にまさかのPC故障に陥ろうとは・・・・。

※当ブログはPC復旧後にエントリーしております
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-11-25 23:59 | 2007釣行記

【第5回毛ばり釣り勉強会】に参加してきました

今日は小菅村において開催された老眼天空本舗主催の『FF&テンカラ・ファンの集い【第5回毛ばり釣り勉強会】』に参加してきました。
イベントは昨日から開催されていましたが、残念ながら仕事の都合により2日目からの参加です。

d0112258_22431378.jpg
そんな中、3日ぶりに再会するriverwalkersさんがミョーに懐かしく!?、思わず記念撮影です。
先日の打ち上げ、大変お世話になりました!
打ち上げの打ち上げ!?はいつやりましょうか?(笑)

d0112258_22433490.jpg
そんな冗談はおいといて、今日は急に気温が下がり活性がだいぶ低いようです。
実はワタクシ、イベント開始前に冬季釣り場でデモってきましたが、フライが渓魚の鼻先を流れるもののてんで口を使いません。
あのテンカラ名手堀江渓愚氏ですら苦戦していたほどです。
ただサスガは百戦錬磨の氏、毛鉤ローテーションを交えながらその超越したテクニックを披露していました。

d0112258_22435282.jpg
そんな中、とてつもなくすごいのは私の家内です。
名人ですら苦戦を強いられる中、一人爆釣MODEです。

もっとすごいのはあのフライ界の巨匠、riverwalkersさんに自分が釣った渓魚をランディングさせています!!
自称RWさんの舎弟のワタクシからすると、恐れ多くてとても考えられません。

この逆境の強さと言おうか、肝っ玉のデカさと言おうか、次世代のフライフィッシング界を背負って立つのは、ナニを隠そう家内かも知れません。

d0112258_2244722.jpg
それはそうと、このワタクシも今日で今年の釣行日数100日を数えることが出来たのも、家内のおかげ以外にありません。
そんな訳で今日は、フライが無くなれば自分の竿と交換してあげたり、フライを飲まれちゃったら外してあげたりと、自分の釣りそっちのけで家内に尽くしましたので、存分に釣りを満喫してもらうことができたようです。
ツ~事でっ!ワタクシ、来週からコレまで以上に釣りを満喫させていただきヤスッ!!

冗談はおいといて、riverwalkersさん、クラカミさん、堀江さん、今日は大変お世話になりました。
また来春、皆様にお会いすることを楽しみにしています!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-11-18 22:48 | 2007釣行記

パターン化されてきました

d0112258_22234667.jpg
11月も中旬にもなると山々もだいぶ色付いてきました。
渓に向かう道中が楽しみの一つにもなってはきましたが、わき見運転には注意したいものです。
今日は天候が心配されましたが、普段の行いが良い!?せいか、なんとか雨天は免れそうです。

d0112258_22274881.jpgまずは流れを見て歩いたところ、早速流れの中に大物を見つけたのでそれをターゲットにサイトで釣り開始です。
朝一ということもあるせいか、フライに対する反応は良好で、数投のキャストでフライがターゲットの鼻先を流れ見事にバイトしてきます。
フッキングさせるタイミングがよければキャッチするまで至るのですが、今日はタイミングがことごとく合わず、キャッチできたのは1本のみとなりました。

d0112258_22242483.jpg
昼過ぎは渓魚の活性もあがってくるのでライズフィッシングに切り替えます。
今日は#20前後のコカゲと#18前後のストーンフライのハッチも見られドライフライフィッシングが楽しめました。

ヒットフライは#18クリップルダン(ブラウン)。
ライズの主はそれほどセレクティブでもなく#20前後の半沈み系で充分な反応が得られました。

今日は小菅冬季釣り場釣行5回目を数えました。
サスガに規模の小さい釣り場が故、釣りのルーティンがパターン化されてきました。
朝一大物狙い1時間、昼寝2時間、なんとなく釣り1時間、昼食&昼寝2時間、ライズ狙い2時間。
釣りの時間 ≒ 昼寝の時間。
昼寝の時間が上回らないよう気をつけたいと思います(笑)!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-11-11 22:31 | 2007釣行記

ファーストキャスト!

d0112258_21465340.jpg

今日は先週の”うっぷん”を晴らすべく、小菅川冬季釣り場へ向かいました。


道中、山々もだいぶ色付き秋らしさを感じると共に色々な意味で寂しさすら覚えるようになってきました。

もうじき冬です。


d0112258_2147741.jpg

朝7時、釣り場に到着すると同時に大物の居着いているポイントを見て歩きますが、先週一週間で状況が変わってしまったのか、イマイチ大きな魚影を見つけることが出来ません。

そんな中、ようやく見つけた50クラス。
流芯に定位し、やる気がありそうでしたので警戒されないように斜め上流にポジショニングし、#12ビーズヘッドニンフを流し込みます。


d0112258_21471889.jpg

何とっ!いきなりフッキングです。

「よくもまぁココまで・・・」と思わせるほどデップリと太った50クラスのレインボーをキャッチすることが出来ました。


d0112258_21473951.jpg

ファーストキャストでファーストヒットが50クラス、はっきし言って今日はもう”おなか一杯”です。

当然のことながらその後は「ガツガツ」せず、40クラスを数本追加したところでライズ狙いの釣りを堪能しました。

いや~先週とはうって変わってのスローフィッシング、癒されました~。

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-11-04 21:58 | 2007釣行記

ファグススクールで見たものは!?

d0112258_21262413.jpg
左の3連写真は昨日のファグススクールのひとコマです。

スクール開校前、釣友ANDYさんのデモフィッシング様子を丘の上から眺めていると、ANDYさんの上流にひときわ大きな魚影を確認しました。
すぐさまANDYさんを呼び、魚影の確認をしてもらいます。

「じゃぁ、あれ捕って。」
本当は私があの渓魚にチャレンジしたいところですが、気持ちを押し殺しANDYさんにチャンスを譲ります。
当然のことながらコントロール性を考慮しリーダーを短く、フッキングしたときのことを考えティペットを太くしてもらいますが、リーダー交換をしているANDYさん、にわかに手元が震えている様子が伺えます。

管理釣り場で放流された個体とはわかってはいましたが、サスガにあのサイズを見せられると誰でも興奮するものです。
ちなみに中央と下の写真は同じ写真の縮尺を変えたもので、中央写真を見ていただければ渓魚の大きさが想像できると思います。
50cmはあろうかと思われる大イワナです。

ところが、あまりにも私達が殺気立っていたのか、その大イワナは警戒して姿をくらませてしまい、結局スクール終了後まで再び魚影を現すことはありませんでした。



まぁ、あんなイワナを見てしまってはいてもたってもいられません。
と言うことで今日、再び丹沢ホームへ行ってまいりました!(笑)

d0112258_21272919.jpg
はっきし言って、今日は他の渓魚には興味ありません。
ただただ、あの大イワナが姿を現すのをひたすら待ちます。

が、しかし退屈です。
あまりにも退屈なものですから、”大イワナ待ち”の自分なんぞ撮影してみました。
そんな自分のうしろ姿の写真なんか見て、なんだかアホらしくて悲しくなってまいりました。


 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

d0112258_21275619.jpg
そんな苦労が功を奏してか、ようやくキャッチすることが出来ました!
サスガっ!俺!

早速気になるサイズを測ってみると・・・ジャスト・・・・ンっ!?40cm?
あまりにも長時間イワナ待ちをしたせいか、縮んでしまったようです(涙)!

と言うのは冗談で、結局あの大イワナは姿を見せることはなく、そんな状況下でほぼ”あきらめmode”中に別のポイントにてサイトでキャッチできた1尾です。

丹沢ホームへの往復3時間、釣り1時間強、大イワナの待ち時間・・・約5時間。
ホント、おバ○ですなぁ~。
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-29 21:31 | 2007釣行記

2007秋季ファグススクール無事終了しました

今日は待ちに待ったファグスクレナータの初心者スクール開催日です。
普段の”オコナイ”が良いせいか!?昨日の台風が見事に過ぎ去り、晴天に恵まれました。


d0112258_22342839.jpg
本日の生徒さんは全くの初心者を含めた4名様。
フライの”フ”の字もご存じない方もいらっしゃる中で、スクールの開校です。
まずは簡単なオリエンテーションを済ませた後にフライの紹介や”ノット”の結び方について学びました。


d0112258_22344684.jpg
その後にフライフィッシングの基本、キャスティング練習に入ります。
「ループって何?」と言うところからはじめた初心者の方々が、我らファグスメンバーの手ほどきでみるみるうちにナローループが繰り出されます。

恐るべし!!ファグスメンバー!


d0112258_2235391.jpg
午後に入ると実釣です。
各自思い思いのポイントでフライをプレゼントしていきます。
今日は台風明けでかなり活性は高いものの、午前中に何人もの釣り人が通過したのか、プレッシャーは高いようです。

そんな中、私がお相手させていただいた方には、いきなりのサイト&ライズフィッシングにチャレンジしてもらい、期待通りにキャッチしていただくことが出来ました。
参加された生徒さんも大満足のようで私も一安心、私自身も「人に釣りを教える」ことの難しさを大いに学び、スクールを無事閉校するのことができました。
スタッフの皆さん、スクールに参加された生徒さん、大変お世話になりありがとうございました。


つづく・・・!?
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-10-28 22:38 | 2007釣行記