2008北海道釣行を振り返る(その1)

今月より新しい職場に着任して以降、それはモ~言葉では現せないくらいのあわただしい日々が続いております。
おかげで当ブログの更新もだいぶ滞っておる訳でありまして・・・あ、釣りは欠かさず行っておりますが、ハイ(汗)。
そんなわけで北の大地から戻り早1ヶ月が経とうとする”いまさら”ではありますが、北海道釣行総集編をお届けいたします。

d0112258_8511250.jpg


<釣行初日>

今年で4年目をむかえる北海道釣行、大きな期待を胸にいつものメンバーと函館空港に降り立ちました。
迎えいれてくれたのは現地ガイドのアングラーズハットYくんさん、noriさんそして巨匠です。

1年ぶりの再会に会話も弾みますが、早速3手に別れ各々の釣り場へ直行!
さぁ果たして大物との出会いはあるのでしょうか?

初日は道南きってのムードメーカー!?noriさんに案内してもらいます。
noriさん、よろしくお願いします!

d0112258_8581220.jpgd0112258_971428.jpg



到着した先は、それはもうすばらしい渓相です。
思わず家内とパチリ。



と思いきや、入渓早々家内にヒット!
これは幸先いいかもしれません♪

d0112258_973363.jpgd0112258_974641.jpg


ところが・・・。
なかなか後が続きません。
付いているポイントにフライを投じれば反応は得られますが、魚影が薄いのかかなり苦戦を強いられました。


結局この日は8寸どまり、残りの3日間に期待をつなげ格竿です。
まぁまだ初日、あせらずのんびりいきましょう!!

d0112258_98032.jpg

やはり北海道といえば欠かせないのがコレですな。

参加メンバー全員そろっての大宴会、各々釣行初日の奮闘ぶりを語り合いながら夜は更けていくのでありました・・・。

d0112258_21491322.jpg

<釣行2日目>

この日もnoriさんのガイドです。
初日の不調を挽回すべく、なんでもこの日は遡行がかなりキツイとされる渓に案内してもらいました。
入渓点では森の妖精の落し物?と遭遇したこともあってか、かなり期待が持てそうです。
ただ、チョッとビビリ入っていますが・・・(汗)。

どうです、この大きな岩々。
けれども写真に写っている岩は小さい方で、もっと大きな岩が我々の行く手を阻まんとばかりにそびえ立ってます。

d0112258_21591222.jpgd0112258_21592696.jpg


入渓直後、なんと!上流からフライマン2人が降りてきました。
数百mしか釣り上がっていないとのことでしたが、何でも尺上が釣れたとか・・・。


先行者とあっては少し不安もありましたが、そんな心配は一気に吹き飛ばされました。
入渓後数百mを過ぎると次々にイワナが釣れだし、時には同じ流れから5~6本ものイワナがフライに飛びついてくる場面も。


d0112258_2273938.jpg

も~家内と合わせてどのくらいの数釣ったでしょうか?
この渓の魚影の濃さは関東では考えられません。
サイズは9寸どまりとチト残念ではありましたが、数釣りを堪能し格竿と相成りました。

それにしてもサスガ!?はnoriさん、移動の車中では会話が途切れることはありませんでした・・・。
しかし笑いすぎてハラが筋肉痛になるとは(ぷ)。
noriさん、2日間ありがとうございました!




その2に続く・・・

[PR]
by TAKA-Qizm | 2008-07-30 23:00 | 2008釣行記
<< 2008北海道釣行を振り返る(... 入魂式 >>