待った甲斐なし

今日は朝から陽がさんさんとし、すがすがしい一日になりそうな予感がします。
「こんな日は釣果に期待が持てそう。」ということで一路稲城ポイントを目指しました。

ところが!ポイントに着くなりどこからともなく現れた厚い雲に陽の光がさえぎられ、冷たい風が吹き付けるようになってしまいました。
当然こんな状況ではハッチ・ライズともになく、チャムするパンにも無反応です。

ただ、雲の流れが速いため小一時間も待てばまた陽が差し込みそうです。
「陽が照ればハッチが始まる・・・。」
そう信じて冷たい風にさらされながらも陽が出るのを待つこと約1時間半。

案の定厚い雲は流れ、陽の光が水面を照らし始めました。
しばらくするとユスリカのハッチも始まり、後はライズを待つのみです。
d0112258_20214212.jpg

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

結局待てど暮らせどライズは始まることがなく、最後の悪あがきでチャムしたパンにも反応が得ることが出来ず、今日は竿を振ることなく格竿と相成りました(涙)。

コイも正月で帰省しちゃってるんですかね~?
[PR]
by TAKA-Qizm | 2007-12-30 20:25 | カープフィッシング
<< 2007年、今年もお世話になりました 予想に反して・・・ >>