カープフィッシング ノ ススメ(フィッシングスタイル・携行品編)

早いもので第5回目を迎えることとなりました「カープフィッシング ノ ススメ」、今回はフィッシングスタイルと携行品編についてご紹介したいと思います。

d0112258_2202712.jpgまずはフィッシングスタイルですが、カンタン!お手軽が”ウリ”のカープフィッシングですから当然のことながらライトスタイルがお勧めとなります。
もちろん渓流でのフライほど携行品は多くありませんのでフライベストなどの重装備は不要ですし、あまり場所を移動しながら釣りをしませんのでウェーダー類も軽微なもので十分で、私の場合はヒップバッグ+ヒップブーツ(もしくはニーブーツ)が基本スタイルとなります。

次に携行品ですが、フライフィッシングなわけですから当然のことながらフライロッドとフライボックスは必需品となります(笑)。
用意するフライはパンフライはもちろん、インセクトフライはカープ用とトラウト用を持ち合わせていたほうがよいでしょう。
なぜトラウト用かというと、それはまた機会があったときにご紹介したいと思います。

続いてアクセサリー類ですが、ラインクリッパー・フォーセップ・フロータント・予備リーダー・予備ティペット等、あると便利・必要と思われる用意しておきましょう。
ちなみにティペットの規格ですが、通常はは3Xが基準で充分なのですが、反応が渋いと細くせざるを得なくなります。
以前同じフライ・同じようなドリフトにもかかわらず、4Xではスプークされた事例もありますので、5Xまでは常備しておいたほうがよろしいかと思います。

d0112258_2219084.jpg
上の写真で手前に映っている白いカタマリはチャム用のパンです。
基本的には釣り場へ向かう途中ににコンビニ等で食パンを購入すればよいのですが、私の場合は携行性・保管性を考慮しあらかじめ準備するようにしています。

購入してきたパンを1cm角程度の大きさにカットしたパンを台所三角コーナーネットに入れベランダで乾燥させます。
こうすることで釣り場であまったパンも腐らせることなく有効活用できますのでお勧めです。

ただし乾燥しきったパンをチャムしても活性が低かったりスレていたりすると、ハイフロート状態のパンには反応を示さなかったりパンに対してスプークしたりとシビヤな場合もあるので、そんなときは水分を含ませてからチャムすることも重要となりますのでご承知おきください。

ちなみに私はこの乾燥パンを常時車載し、いつでもどこでもカープフィッシングが楽しめるようにしています。


d0112258_22523668.jpg
そしてカープフィッシングのスタイルとして特記すべきは、冒頭でも述べたとおり「カンタン!お手軽!」な点でしょうか。
対象魚のコイは日本全国に分布しておりどこの川でもその姿は確認できるとの事で、私の場合も愛車ハーレー(世間一般で言うところの原チャリ)にまたがり、自宅からものの十数分でポイントまで到着できるのも魅力の一つです。

またコイ持つそののパワーはすさまじいもので、フッキングした後のファイトは言葉で表すことが出来ないくらい強烈です。
そんなパワーの持ち主が近所でパクパクとライズなんてしていたら・・・・。
フライフィッシャーとしてはもうじっとしていられずロッド片手に家を飛び出してしまうのもうなずけますね(← 自分を正当化している・笑)。

そんなことでおかげさまをもちまして今回をもって最終回となりました「カープフィッシング ノ ススメ」、少しは参考になりましたでしょうか?
もっと詳しく知りたい方は「フライで多摩川の鯉を釣る」をご覧ください。
ヘッポコ王子である私のブログなんかよりよっぽど参考になりますし、逆に私のブログなんかを読んでると”損”した気にもなってきますが、そこはご愛嬌ということでご容赦くださいませ~。
[PR]
by TAKA-Qizm | 2007-12-22 22:53 | 私的ホニャララ論
<< アメ ノチ ハレ mixiブログについて >>