お気に入りフライ-ブラッシー

約5ヶ月ぶりのフライパターン紹介です。
釣りばっかり行ってて、すっかり忘れておりました(笑)。

d0112258_15535562.jpg
そんなことで第4回目となる今回は、「ブラッシー」の紹介です。
言わずと知れたこのパターン、一般的にはミッジピューパとして使われるようですが、私にとっては不特定多数の「ナニか」をイメージするバリアントパターンとして重宝しており、特にサイトフィッシングにおいては欠かすことの出来ないフライパターンの一つです。

先日の小菅忍野などでビッグワンを見事フッキングさせたのは、ナニを隠そうこのパターンなのです。
当然のことながら水深があるポイントでしたので、フライは目視できず、渓魚の動きにあわせる”かたち”にはなる訳ですが・・・。

それと、ご存知の通り?釣りばかりに行ってタイイングにかける時間が希少な私にとって、量産できることも魅力の一つです。
リビングするワイヤーの量やマテリアルを変え、捕食ステージやハッチ状況を想像しながらタイイングするのも面白いものです。


ま、もっとも妄想ばかり膨らませて全く釣果に結びつかないのが私の釣りパターンでもあるわけですが・・・(苦笑)。

[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-09-15 15:55 | FLYTYING
<< 濁りの中の本谷毛ばり釣り専用区 9月恒例の東北釣行。。。.その行方 >>