お気に入りフライ-CDCパフ・サーフェイスイマージャー

お気に入りフライパターン第3回目は、CDCパフ・サーフェイスイマージャーを紹介します。
前回に引き続き、またまたイマージャーパターンの紹介になってしまいましたが、まぁそれほどイマージャーパターンの威力がすごいってことの現れでしょうか?
ウィングはラビッドファーやハックルウェッブが使われるのが一般的かと思われますが、私の場合はタイイングの簡易さからCDCパフをデバイトウィングとして取り付けています。

d0112258_2381667.jpg


①フライ全体にフロータントを施し、スペントパターンとして。
 この場合テイルはハックルファイバー等のほうが好ましいですが・・・。
②インディゲーター部のみにフロータントを施して、名前の通りサーフェイスイマージャーとして。
③インディゲーター部をカットし強制的に水面(直)下に投入することでDDまたはダイビングスピナーとして。

使用用途としては以上の通りマルチに使えるパターンです。
ちなみに数年前にこのパターンを「フライの雑誌」に紹介していただきました。

特にコカゲのハッチに伴うライズフィッシングには信頼できるパターンとして、結構威力を発揮しますので、是非!皆さんもお試しアレ!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-05-09 23:08 | FLYTYING
<< 「slowfishing」 2007今市釣行vol.2 釣... >>