さらば!マメ太郎君。

d0112258_22152291.jpg今日はマメ太郎君とのお別れの日。
約1年の間、我が家の一員として一緒に過ごしてきましたが、成長に伴い門出の日を迎えてしまいました。
夜明けと共に、マメ太郎君と出会った渓に到着し、そっと流れに放ちます。
「マメ太郎君、元気でな!大きく育つんだぞ!」


d0112258_22155822.jpg悲しい別れではありましたが、気を取り直して釣りを始めたところ、開始早々反応は良好です。
ただ、アベレージ6寸5分とサイズがチト淋しいですが、8寸を頭に午前中で7つのヤマメと出会うことが出来ました。


d0112258_22162496.jpg途中、岳さんと連絡を取り更なる大物を目指して、思い切って水系を変える事にします。
移動した先ではサクラが満開で心が和みます。
サクラ同様、釣果も満開になることを望みますが・・・。


d0112258_22163911.jpg岳さんと合流しライズに挑みますが、このライズの主は思った以上に曲者です。
バイトは数回はあるものの、フッキングまで至りませんでした。
ポイントを変え瀬を叩きますが、反応はイマイチです。
結局イブも空振って、移動した先の渓では「ボ」と相成ってしまいました。
また近いうちにリベンジに望みたいと思います!



d0112258_2216555.jpg


<追伸>
大物との出会いはありませんでしたが、偉大なるフライフィッシャーとの出会いはありました。




[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-04-08 22:22 | 2007釣行記
<< 年甲斐も無く。。。 だいぶ。。。らしくなってきまし... >>