イワナ君、さらば!・・・そして撃沈

d0112258_21335137.jpg今日はイワナ君達の放流日。
昨年12/3に発眼卵を持ち帰って以降、約3ヶ月に亘り我が家で健やかに育ってきましたが、
とうとうイワナ君達とのお別れの日を迎えてしまいました。
別れを惜しみつつも、意を決して流れにイワナ君達を放ちます。



d0112258_21341118.jpgが、水温の低下も手伝ってか、なかなかどうして放たれたイワナ君達はその場を動こうとはせず、私もその場を立ち去ることが出来ません。
獅子はわが子を谷底へ突き落とすといいます。
私もそれを習ってイワナ君達を追い払い、涙ながらにその場を後にしました。
「イワナ君、さらば!2尺まで育ってくれよ!」


d0112258_21411521.jpgそんなことで気を取り直して、釣りに励みます(笑)。
が、気温(水温)低下と冷たい強風で、反応は全くといっていいほどありません。
ハッチもライズも無い中、辛くも#18CDCダンで6寸ほどのヤマメちゃんをキャッチしましたが、
ドリフトテクニックで魚を引きずり出したって感じです。
時おり風が止むと単発でライズがあり狙いますが、すっぽ抜けて後が続きません。
最高気温9℃、水温7℃と厳しい釣りを強いられ、「ボ」は免れたものの、撃沈と相成りました。


そうそう、K川組の岳さんも渋かったようです。
まっ、シーズン始まったばかりなので、気楽にいきましょう!
[PR]
by TAKA-QIZM | 2007-03-12 21:38 | 2007釣行記
<< 「ヤツ」の正体は!? Wで空振り >>