TAKA-Qvision

d0112258_2213687.jpg

修理レンズの修復期間が半年~1年との絶望的な説明を受け、先日カスタムオーダーしたレンズフィルターがようやく我が家に届きました。


先日の高額レンズに引き続きまたまた痛い出費ではありましたが、予備レンズの稼動状況からするとこればかりはしかたありません。


「これがあればあっちこっち飛び回れるっ!」と、喜び勇んで早速レンズに装着してみたのですが・・・

なぁ~~~~~んとっ!
修理レンズ側は歪が大きく、予備レンズ側に対し広角ぎみに写り込むではありませんか!









d0112258_22134151.jpg

上の写真は同じ写真をレタッチして修理レンズ・予備レンズの写り込み状況をイメージしたもの。   (モデル:チャッキー)
それぞれを単独で見ると、予備レンズ側は「単なる魚眼ピンボケ」でしかありませんが、これが同一画角で本体側に信号が送り込まれるとトーゼンのことながら本体側では入力信号を解読できずパニック状況に陥ります。

実はコレ、レンズフィルターを外しても同じ状況で(通常予備レンズはフィルムを常用)、修理レンズ完全修復までの道のり長さを物語っているとしか言いようがありません。
それを考えるとまだしばらくは大人しくしているしかなさそうですなぁ(涙)。

ってなわけで、TAKA-Qizmでは専属運転手を募集中。
「我こそはっ!」と思う敏腕ドライバーの皆様、どしどしとご応募お待ちしておりま~す!
あ、あとタイヤーも♪(ぷ)
[PR]
by TAKA-Qizm | 2011-01-07 22:52 | 話題
<< 電車 de ・・・ 卒業 >>