もう一つの県北へ

d0112258_21522493.jpg


行ってまいりましたっ県北へ!


約1年ぶりに訪れたこの渓。
昨年は思わぬところでの尺モノとの出会いもあり、今回もA党さんの強力サポートの下、期待に胸を膨らませ渓を釣り上がります。




がっ!
渓はかなりの渇水で見るポイント見るポイント、渓魚の姿が確認できません。
確認できたとしても川底ベッタリか、止水に近い浅場でクルージングしている個体で、投じるフライに興味を示しません。

まぁもっともミスキャストを連発し、警戒信号を発し続けたことがフライに興味を示さない原因の一つでもアリマスが・・・。
d0112258_21531280.jpg

サイトフィッシングで釣り上がることができるこの渓、こうも魚影を確認できないことにはブラインドフィッシングに切り替えるしかありません。

その早目の判断が功を奏してか、流芯でいくつかのイワナをキャッチすることが出来ました。




ところが喜んだのもつかの間、後が続きません。
歩けど歩けど渓魚の反応は得られず、ただただ時間だけが空しく過ぎていきます。
d0112258_21533531.jpg



サスガのA党氏もこれ以上の釣果は得られないものと判断したようです。
今まで釣り上がって来た主要ポイントで異変が起きてはしないかと、わずかな期待を胸に引き返します。



するとその読みが大当たり!
先ほどは魚ッ気が無かった大場所にイワナが浮いて時折ライズもしてくれるではありませんかっ♪



しかもこのイワナ、泣き尺位はありそうな良型です。


慎重に慎重にキャストのタイミングを計りフライをプレゼント・・・。
d0112258_2154467.jpg
っしゃ~おら~!!
見事ワンキャスト!
・・・って、ミスキャストですが(ぷ)。

しかもサイズを測ったら26cm、案外ちいちゃかったのね~。


まぁその後もサイトで何とか2つ追加することができました、ミスキャストですが・・・(爆)。

しかしまぁ1日を通して厳しい釣りではありましたが、それもこれも考えられないミスキャストを連発したワタクシが原因、修行不足を痛感させられた1日でゴザイマシタ。
そんな訳で!?ガイドしてくださったA党さん、大変お世話になりました。
南々・デニでご一緒くださった皆様、楽しいひと時をありがとうゴザイマシタ。
またどこぞの渓でご一緒いたしましょう!




d0112258_21555967.jpg

そして今日も性懲りも無く!?かの本流へ・・・(ぷ)。





いやぁ~連休最終日と言うこともあってか先客が5人も。
これではライズフィッシングは到底無理。

竿出さずに帰ろうかとも思いましたがとりあえずパンをチャムします。
d0112258_21561316.jpg


今日はコレ1つ!



いや~、60クラスですが約20分位ロッドを絞り込んでくれたナイスファイターで、久しぶりにウデがパンパンです。



ちなみに・・・竿出した時間 ≒ ファイトの時間 で、チョー効率的な釣りでした~(ぷ)。
[PR]
by TAKA-Qizm | 2009-07-20 23:37 | 2009釣行記
<< 反省材料 尺上ライズ >>